最新記事

2020米大統領選

カニエ・ウエスト、迷走する大統領選出馬の真相

What's Happening With Kanye West's 2020 Presidential Run?

2020年7月16日(木)14時50分
アレクサンドラ・ハッツラー

妻のキム・カーダシアン・ウェスト(左)ら家族は何も語らず Danny Moloshok-REUTERS

<立候補取り止めと思ったら、連邦選挙管理委員会にウェストの選挙運動組織を届け出る書類が提出されたことが判明>

11月の米大統領選への立候補を表明していた人気ラッパーのカニエ・ウェスト(43)について、アメリカのメディアは7月14日、彼が立候補を取りやめたと報じたが、その後、ウェストが立候補に向けて正式に動いているらしいことが明らかになった。

連邦選挙管理委員会(FEC)に15日、「カニエ2020」を選挙運動組織として届け出る書類が提出された。書類によれば、「カニエ2020」はBDY党(おそらくウェストが立ち上げると言っていた「バースデー・パーティー」の略だろう)から立候補するウェストのために選挙運動を展開する組織で、アンドレ・ボディフォードという人物が陣営の会計担当を務めるという。

FECは、現時点で届出書類が正当なものかどうか確認できておらず、また「候補者届」の書類もまだ提出されていないとしている。候補者届は、ウェストが立候補に関連して5000ドル以上の寄付を受領するか支出を行い、連邦選挙資金法の下で「候補者」と見なされる条件を満たしたことを示すものだ。「そうした書類の届け出は確認していない」と、FECのクリスチャン・ヒランド副広報官は語った。

本誌は届出書類に記されているボディフォードのメールアドレスに連絡し、コメントを求めたが、現時点で返信はない。ウェストの広報担当であるトレビアン・クッティにもコメントを求めたが、こちらも返信はなかった。

選挙スタッフは「やめた」と言うが

14日にはウェストの選挙アドバイザーがニューヨーク誌に対して、ウェストが立候補を取りやめたと言っており、FECに提出された書類がどのような意味を持つのかは不明だ。

ウェストが雇った選挙スタッフの一人とされているスティーブ・クレイマーは、7月9日の時点でニューヨーク誌に対して、選挙チームは「週末にかけて」フロリダをはじめとする複数の州で、ウェストの立候補に向けて動いていると説明。ウェストの立候補は「絶大な支持を」得ていると主張していたが、その後、ウェストが「(立候補を)やめた」と語った。

ところが15日夜には、ウェストがオクラホマ州で立候補届を出したことが判明。ジャーナリストのベン・ジェイコブスのツイートによれば、同州選挙管理委員会の広報担当者が、ウェストの代理人のひとりが締め切り45分前に立候補届を提出したことを認めたという。

ウェストは7月4日、ツイッターに「神を信じ、我々のビジョンをひとつにして未来を築いていくことで、アメリカの約束を実現させなければならない。俺は合衆国大統領に立候補する!#2020VISION」と投稿。大統領選への立候補を宣言していた。

<参考記事>カニエ・ウエスト「もうトランプを支持せず」 大統領選勝利目指す
<参考記事>自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査

ビジネス

FRB「忍耐必要」、インフレなお高水準=ボストン連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中