最新記事

サメ

ジンベエザメの目は大量の「皮歯」によって保護されていた

2020年7月7日(火)19時30分
松岡由希子

約2900個もの皮歯が目をおおっていた (Tomita et al., PLOS One, 2020)

<これまで「ジンベエザメは視覚にあまり頼っていないのではないか」と考えられてきたが...>

沖縄美ら島財団、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、米ジョージア水族館の共同研究チームは、沖縄美ら海水族館とジョージア水族館で飼育されているジンベエザメを観察し、ジンベエザメの白眼が「皮歯」と呼ばれるV字型の鱗に覆われていることを発見した。

約2900個もの皮歯が虹彩の周りの目の表面を覆っていた

ジンベエザメは、体の大きさに比して目が小さく、視覚を処理する中脳もそれほど大きくないことから、これまで「ジンベエザメは視覚にあまり頼っていないのではないか」と考えられてきた。

一方、研究チームは、2020年6月29日にオープンアクセスジャーナル「プロスワン」で公開された研究論文において「このようなジンベエザメの目の高度な保護メカニズムは、ジンベエザメにとって視覚が重要な機能であることを示唆するものだ」と考察している。

journal.pone.0235342.g001.PNG

研究チームは、沖縄で混獲され、沖縄美ら海水族館で飼育された後、2017年に死亡したジンベエザメの眼球を形態観察した。マイクロCTスキャナで取得したCTデータを分析したところ、約2900個もの皮歯が虹彩の周りの目の表面を覆っていた。これは、脊椎動物の目の保護メカニズムとして非常に珍しいものだ。

journal.pone.0235342.g002.jpgジンベイザメの目(Tomita et al., PLOS One, 2020)

journal.pone.0235342.g003.jpg皮歯の3Dレンダリング (Tomita et al., PLOS One, 2020)

目を引っ込める仕組みがある

また、研究チームは、ジンベエザメに目を引っ込める仕組みがあることも発見した。沖縄美ら海水族館で飼育されているジンベエザメ3匹ではいずれも、ダイバーが近づくと、1秒以内に目が眼窩(眼球が入っているくぼみ)に引き込まれ、その距離は最大で眼球の直径の約50%であった。

このような動作が起こるのは概ね短期間だが、ジョージア水族館のジンベエザメは、台湾から米アトランタのジョージア水族館に運ばれた後、約10日間にわたって目が引っ込んだままだった。目が引っ込んでいる間も、ジンベエザメは視覚を維持しているとみられ、10日間、目が引っ込んでいたこのジンベエザメは、目が元の位置に自然と戻るまで、水槽をスムーズに泳いでいたという。

研究チームでは今後、視野や視力、色域、感度といったジンベエザメの光知覚力を中心に、さらなる研究が必要との見解を示している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ナワリヌイ氏勾留は内政事項、追加制裁論は考慮せず=

ビジネス

独ZEW景気期待指数、1月は61.8に上昇 輸出拡

ワールド

2020年の北朝鮮の対中貿易、80%減 新型コロナ

ワールド

石油需要の回復、新型コロナの感染再拡大が圧迫=IE

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 4

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月