最新記事

マスク

マスクをしろと言われて逆ギレ殺人も 自由や権利をここで振りかざす恥ずかしい人々 

Bus Driver Brain Dead After Trying to Stop Passengers Boarding Without Mask

2020年7月7日(火)19時00分
スー・キム

フランスではバスに乗車する時のマスクは義務化されているのだが Eric Gaillard-REUTERS

<暴行を受け脳死状態になってしまったフランスのバス運転手は、特別に凶悪なグループに当たってしまったのかもしれないが、欧米ではマスク着用を求められて暴れる人間は、若い女性にも珍しくない>

フランス南西部の都市バイヨンヌで、路線バスの運転手に暴行を加えたとして5人組が逮捕された。暴行のきっかけは、5人組が7月5日夜、マスクを着用せずにバスに乗ろうとして乗車を拒否されたこと。新型コロナウイルスの流行が続くなか、フランスでは公共交通機関を利用する際はマスク着用が義務づけられている。

5人組は乗車券も持っておらず、乗車を拒んだ50代の運転手を何度も殴打したと報道されている。

地元警察によると、殴打された運転手が意識不明状態で病院に運び込まれたあと、7月6日に脳死判定を受けたという。

運転手は、バスを降りたところで5人組のひとりに頭部を殴られたという。

同僚の運転手たちは抗議のスト

事件発生翌日の月曜日には、現地の路線バス運行に乱れが生じた。同じバス会社で働くほかの運転手たちが、事件に抗議して乗務を拒否したためだ。彼らは、運転手の安全確保対策が不十分だったとして、地元のバス運行会社クロノプラスを非難した。

警察はこの事件について、まだ発表を行っていない。

組合代表者は、ラジオネットワーク「フランス・ブリュ」の地元局に対し、運転手は5人組がバスに犬を連れ込もうとしたこともあって乗車を拒否したようだと語った。

一方、米テキサス州では6月29日(現地時間)、セブンイレブンを訪れた女性客がカウンターに唾を吐いた様子が、防犯カメラでとらえられていた。女性客がマスクを着用していなかったため、店員がレジ清算を拒否したからだという。

女性客は店員に対して悪態をつき、自分にはマスクを「しない権利」があると言い放ってカウンターに唾を吐いた。そんな例はまだまだある。

商品を放り投げる客、カウンターに唾を吐く客


「呼吸器に問題があるので医者にマスクを止められている」と怒る客



指を骨折したと思い病院に行ったら、マスクをしていなければ診療できないと言われ、警備員に追い出された女性のツイート

<参考記事>ドイツ人 マスク嫌いすぎで小売業がピンチ
<参考記事>【動画】マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、25年にE15ガソリン通年販売承認へ=関係筋

ワールド

インドのインフレ期待は今後安定、低下する可能性=中

ビジネス

ユーロ圏、23年第4四半期に妥結賃金の伸び鈍化=E

ビジネス

トヨタ春闘、初回での回答持ち越し 労組は最高水準の
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中