最新記事

エンターテインメント

キスは1日1度だけ、ラブシーンはCGで? 「ウイズコロナ」の映画やドラマはこう変わる

2020年6月12日(金)20時23分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

日本以外の国では、撮影再開に当たりどのような撮影方式がとられているのだろうか? ここ最近、世界から注目を浴びている韓国映画界。日本との大きな違いは、全ての撮影や作業がストップされなかったという点だった。各自気を付けながら、一部の現場をのぞいては作業が続けられた。

一方で、韓国映画振興委員会(KOFIC)の動きは早く、映画館等への金銭的サポートはもちろん、先月からはコロナの影響で金銭的負担を強いられた映画に対して計20億ウォンを分配するとの発表もされている。

感染拡大する韓国で撮影していた日本の映画人

newsweek_20200612_201208.jpg

日韓の映画制作の現場で活動している藤本信介氏(本人提供写真)

今回は日頃から日韓の映画界で助監督として働く藤本信介氏に話を聞いた。藤本氏は2月22日から日韓の往来が難しくなった3月25日まで、新型コロナの感染が拡大するなか日韓合作作品の撮影現場にいたという。

── 撮影現場でも感染対策の基本は換気、手洗、距離を取ることだと思うが、他に特徴的な項目は?
基本のみという印象です。そもそも韓国はコロナで全ストップしていなかった。撮影現場では、思っていたほどにはちゃんとやってない印象だった。撮影中はそれどころじゃなく毎日忙しいから気にしていられないという側面もある。ただ、国からのサポートがあり、KOFICからは消毒費用などの負担が行われている。

── 日韓のガイドラインの違いがあれば
日本のガイドラインの方が、韓国に比べてよりディテールまで示されている印象。それはきっと各放送局や制作部署が独自で決めたところが大きい。現場で活躍する人たちの声を取り入れている具体性が感じられる。きっと、日本は全部署が一旦ストップし、再開に向けてスタッフやキャストを安心させるためにも、より詳細に示す必要があったのかもしれない。韓国は全ストップをしなかったために、様子を見ながら各現場で柔軟に対応した印象があります。

── 今後ポストコロナで日韓の映画交流、合作はどうなるだろうか?
今後いつ渡航出来るか分からない状況のなか、日韓合作の企画自体が全て休止や中止されている状態だろう。渡航問題が解消されても、世間の目もあるため当分は難しいと思われる。

── 映画人向けの休業補償などは韓国に存在するのか?
韓国にもあることはあるが、審査が日本よりも難しい印象です。知り合いの韓国人スタッフにも話を聞いたが保証制度があること自体知らない人もいた。撮影が全ストップしなかったこともあると思う。

── コロナのパンデミックを経験して思ったことは?
映画を通した人と人との交流の機会がなくなることが悲しい。1日も早く日韓でのプロジェクトや、キャスト・スタッフが海を越えて一緒に手を取り合って撮影できる日が来ることを願っている。

ニュース速報

ビジネス

中国当局、銀行に融資圧縮を指示 投資過熱抑制が狙い

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ビジネス

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 採決は週末に

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月