最新記事

ヘイトクライム

今度は殺害された黒人6人の写真が吊るされた

Photos of Breonna Taylor, Ahmaud Arbery Found Hanging From Nooses in Park

2020年6月24日(水)17時40分
メーガン・ルース

全員が最近警察などの手で殺された黒人ばかり The Original Black Panthers of Milwaukee/FACEBOOK

<黒人差別に対する抗議デモが続く一方で、黒人に対するヘイトや暴力事件は増加している>

警官や白人に殺された黒人6人の写真、公園の木に吊るしたロープの先に括り付けてあるのが見つかった。かつての黒人に対する凄惨なリンチを想起させる首吊り用のロープだ。

現場となったウィスコンシン州ミルウォーキー郡の保安局は、同郡のリバーサイド公園に写真を吊るした容疑者について、市民からの情報提供を求めている。

犯行のあった6月20日にフェイスブックに投稿された動画には、黒人の人権団体「オリジナル・ブラックパンサー」ミルウォーキー支部のメンバーが、木から写真とロープを外す様子が映っている。

「ロープに括られた黒人の写真は耐えられないし、許されない」と、動画の説明にはある。「この憎悪に満ちた行為を正当化しようとする者がいたら、それこそが問題だ!」

被写体の1人はブリオナ・テイラーだ。26歳のテイラーは2020年3月、ケンタッキー州ルイビルの自宅アパートで就寝中に、踏み込んできた警官に射殺された。一緒にいた恋人が侵入者と思い発砲したからだ。別の1人、25歳の男性アマド・オーブリーは2月下旬の早朝、ジョージア州グリン郡で自宅近くをジョギングしているときに、彼を不法侵入者と勘違いした白人男性2人に射殺された。

彼らの暴力的な死は、3月25日に46歳の黒人男性ジョージ・フロイドがミネアポリス警察の手で拘束死した事件をきっかけに全米に広がった抗議運動を勢いづけている数え切れないほどの死のうちの2例にすぎない。

警官に殺された者が多い

ほかの4人、エリック・ガーナ―、マイケル・ブラウン、トレイボン・マーティン、ボサム・ジーンも、人種差別による暴力の犠牲者だ。ガーナー、ブラウン、ジーンはいずれも、過去6年のあいだに警官の手で殺された。17歳だったマーティンは2012年に、近所の自警団員に射殺された。

ミルウォーキーの法執行当局がこの事件の捜査を進める間にも、黒人に対するヘイトや暴力の報告件数が全米で増加している。6月上旬にはカリフォルニア州パームデールで、24歳の黒人男性の遺体が木から吊るされた状態で見つかった。その10日前には、わずか約160キロと離れていない場所で、別の黒人男性の遺体が、同じく木から吊るされた状態で見つかっていた(いずれの事件の場合も、当局はよく調べもせずに自殺と断定したが、市民から激しい抗議を受け、再捜査を行っている)。

ミルウォーキー郡保安局の報道担当・地域対応の責任者を務めるフェイス・コラスは本誌に対し、リバーサイド公園に吊り下げられたロープについては、現時点でこれ以上の詳細は提供できないと話した。

(翻訳:ガリレオ)

【話題の記事】
木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説
自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ
宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サイトの問いかけにユーザーの反応は
街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

20200630issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?

ニュース速報

ワールド

国土強靭化、骨太方針2つ目の柱に位置付けたい=西村

ワールド

米、中国にいる自国民に恣意的な拘束のリスクを警告

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月