最新記事

韓国社会

過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

2020年5月22日(金)21時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

女性嫌悪を表すイラストをSNSに

ところが、その数日後、今度は主人公夫婦の息子ジュンヨン役を演じた14歳の子役チョン・ジンソがターゲットとなった。オンラインサイトに、チョン・ジンソが過去SNSに投稿したイラストと友達同士の会話のキャプチャー画像が投稿されたのだ。そのイラストとは、中指を立てた男性が「女性は皆消えてください」と言っている絵である。

これは、極右思想や女性蔑視などがはびこる過激なオンラインサイトでばら撒かれていた、女性への敵愾心を表したイラストだった。「女性なら誰でもよかった」という衝撃的な"女性嫌悪"で、通りがかりの女性を殺害した2016年の江南駅通り魔殺人事件。この事件がきっかけとなって韓国におけるフェミニズム意識が高まりを見せたが、そんな女性たちに反感をもった一部の男性がさらにフェミニズム嫌悪を主張し始め、このようなイラストが拡散されるようになったのだ。

チョン・ジンソの所属事務所は、謝罪と共に「当時オンラインで出回っていたイラストを投稿しただけで、彼は該当のイラストの象徴性も内容の意味も分かっていなかった」と説明したが、批判の声は相次いだ。

このように、韓国ではここ数年、"男性VS女性"のような図式の対立が目立つようになり、子役たちも知らず知らずのうちにその流れに乗ってしまっていることがある。

あの「n番部屋」事件に言及しての炎上も

最近では、15歳になるミュージカル子役キム・ユビンが、n番部屋事件に関連して、「韓国の男性が全員n番部屋に加入していると思うなよ」という内容を、乱暴な言葉と女性蔑視の単語でFacebookストーリーに投稿し批判を浴びた。キム・ユビン側はその後謝罪文を発表、SNSを非公開にしてしまった。

さらに、ジェンダーについての子役問題では、このようなケースもあった。Netflixで世界配信中の韓国ケーブル局tvNのドラマ『ハイバイ、ママ!』で、5歳の子役ソ・ウジンは、性別は男の子なのにもかかわらず、女の子役として出演していた。愛らしい容姿に加え、母親役のキム・テヒの幼少期にそっくりだということが理由だった。

ところがこの事実が明るみになると、インターネット上では、「今後の性のアイデンティティに影響が出る可能性がある」「そこまでして役が欲しいのか。子供がかわいそう」など、ソ・ウジンの両親に対して批判が集中。母親がSNSを通じて、本人と話し合ったうえで決めた経緯など説明し、批判をやめてほしいと訴えている。

ニュース速報

ビジネス

新生銀行とマネックス証券、金融商品仲介業務で包括的

ワールド

東京五輪、一部アスリートは不参加も=NZ五輪委トッ

ビジネス

前場の日経平均は小反発、FOMC結果待ちで徐々に模

ビジネス

中国政府、大都市の当局に不動産市場の投機抑制を指示

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月