最新記事

新型コロナウイルス

2メートルでは防げない、咳でできる飛沫の雲

Coughs Appear to Spread Saliva 19ft: Study

2020年5月20日(水)17時50分
カシュミラ・ガンダー

咳の飛沫は思いがけないところまで飛んでいく可能性もある DuxX/iStock

<咳についての新しい研究で、現在推奨されている2メートルの対人距離では安心できないことがわかってきた>

新型コロナウイルス対策として、現在は2メートルの対人距離をとることが推奨されている。だがウイルスなどの病原体を運ぶ可能性がある唾液の飛沫から身を守るうえで、果たして十分な距離といえるのだろうか──こうした疑いを裏付ける研究が発表された。

キプロスにあるニコシア大学の研究者は、咳と唾液に関する既存のデータを使用して、さまざまな条件下で唾液の飛沫が空気中をどのように移動するか、コンピューターでシミュレーションした。

科学誌「液体の物理学」に掲載されたこの研究によれば、人が咳やくしゃみをすると、唾液は飛沫となり、次に湿気をふくんだ温かいガスの雲のようなものになるという。

この実験モデルでは、野外の環境における風速、飛沫の大きさ、咳をしたときの人の口の形、咳の強さ、継続時間などの要素を計算に入れた。唾液の温度、人間の口内と外気の温度、そして相対湿度も考慮された。

コンピューターのモデルによって、風速毎時4〜15キロの環境下で、唾液の飛沫は最大約6メートル飛ぶことがわかった。空気中の飛沫の濃度とサイズは、風下では減少するように見えた。

IMAGE200520.jpg

こうした唾液の動きからすると、飛沫の雲の影響は、その場にいる人の身長によって異なる可能性がある。この論文によれば、「飛沫の雲は落下するため、その軌道内にいる背の低い大人と子供は感染のリスクが比較的高くなるかもしれない」という。

<参考記事>「咳やくしゃみの飛沫は4メートル飛び、45分間、空中に留まる」との研究結果

飛沫の雲の状態に注目

さらに、このモデルでは、風速が高いときよりも、風速が低いときのほうが、飛沫の雲が小さくなるスピードが遅くなった。この現象は、飛沫の雲の近くにいる人は、長時間飛沫にさらされることを意味するかもしれない。

「この研究結果から、環境条件によっては、2メートルの対人距離は感染防止に十分とはいえない可能性があることがわかった」と、論文は述べている。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策としてこの研究はどう活用できるのか。

「野外では、風速と環境条件によっては、空気中の飛沫が社会的距離として推奨されている2メートルをはるかに超える空間まで漂うことがわかった。この発見は重要であり、市民も政策立案者も、留意する必要がある」と、論文の共同執筆者であるニコシア大学理工学部および医学部のディミトリス・ドリカキス教授は本誌に語った。

「人がウイルスを運ぶ飛沫の雲のなかに入った場合、どれだけの量にどれだけ曝露したかで感染のリスクは変わってくると思われる。したがって、長い距離をとっているのに感染する可能性があるのはどういう状況か、よりよく理解することが重要だ。この研究は、こうした理解を深める役に立つ」

<参考記事>ランニングや自転車、飛沫は遠くへ 最低10メートル開けて──仏スポーツ省が要請

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月