最新記事

アメリカ社会

米ミシガン州で「ウイルスより経済が心配」と命知らずの抗議デモ

Michigan Governor Says Protest Against Stay-at-Home Order Was 'Political'

2020年4月17日(金)15時25分
カレダ・ラーマン

外出禁止令延長に反発し、ミシガン州ランシングの州議事堂に向かって車で列を作る抗議デモ(4月15日) Seth Herald-REUTERS

<外出禁止令の延長に反発した抗議デモを州知事は「人々の命を危険にさらす行為」と批判した>

米ミシガン州では4月15日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために外出禁止令の延長に反発した大勢の人が議会を車で取り囲む抗議デモがあった。グレッチェン・ウィットマー知事は、デモは人命を危険にさらすものだったと非難した。

「お先真っ暗作戦」と名づけられたこの抗議デモは、同州の2つの保守系団体が実施。フェイスブックで参加の呼びかけを行った。これを受けて大勢のデモ参加者が州都ランシングにある州議会の周辺に車で集結。「ウイルスより経済が心配だ」「仕事を返せ」「ロックダウン(都市封鎖)を終わらせろ」などと書いたプラカードを掲げて抗議した。

ミシガン州警察の広報担当は、デモ参加者は推定4000人でおおむね「平和的」なものだったと語った。デモ参加者の大半が自分の車の中にとどまり、路上でデモを行った人々は、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を実践していたという。このデモに参加したことで、外出禁止命令を破ったとして違反切符を切られた人はいなかったが、45歳の男性がほかのデモ参加者に暴力を振るって身柄を拘束されたということだ。

ウイルスの思う壺

ウィットマー(民主党)はMSNBCの番組に出演した中で抗議デモの問題に触れ、デモ参加者たちは州民の命を危険にさらしたと非難。彼らの多くがマスクを着けておらず、中には素手で子どもたちにキャンディを配っていた人もいたと語った。

さらに番組ホストのジョイ・リードが、デモ参加者の一部がドナルド・トランプ大統領や(南北戦争時の)南部連合の旗を振っていたと指摘すると、ウィットマーは、抗議デモは「本質的には政治集会だった」と主張した。

「彼らの目的は、外出禁止命令に抗議することではない。あれは政治集会で、あらゆる科学や外出自粛の必要性を無視するものだった」と彼女は語った。「あれは人々の命を危険にさらす行為だ。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は、まさにああやって広まっていくからだ」

「こういう行動をする人がいるからこそ、外出禁止命令が必要なのだ。これはまさに、今起こり得る最悪の事態だった」と主張。ただしミシガン州民の「大半」は外出禁止命令に従っているとも述べ、外出禁止によって人々が困難な生活を強いられているのは理解できるが、健康を危険にさらすことはその解決策にはならないと語った。

<参考記事>トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所から流出したものか調査中」
<参考記事>新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月