最新記事

アメリカ社会

米ミシガン州で「ウイルスより経済が心配」と命知らずの抗議デモ

Michigan Governor Says Protest Against Stay-at-Home Order Was 'Political'

2020年4月17日(金)15時25分
カレダ・ラーマン

「多くの人が怒りを抱えているのは知っている。その怒りを私にぶつけるのは構わない」と彼女は語った。「でも公の場に出てきて無責任な行動を取るのは、自分の命を危険にさらすだけだ。救急隊員など非常時の初期対応にあたる人々を危険にさらし、正しいことをしている人々の安全も脅かすことにもなる」

同知事の報道官であるティファニー・ブラウンは本誌に対して、ウィットマーは「公衆衛生と州民の安全を守ること」を最優先にしていると語った。

「ウィットマー知事は、今は多くの人がもどかしさや怒りを感じていることを理解している」とブラウンは語った。「知事はミシガン州民の言論の自由と抗議する権利を支持しているが、抗議デモに参加する人々は、自分自身や非常時の初期対応にあたる人々を危険にさらすべきではない」

州民が知事を訴追も

ウィットマーは4月9日、ミシガン州の外出禁止命令を4月30日まで延長することを発表した。州民は通院や軽い運動、食料品の買い出し以外は自宅にとどまらなければならない。集会や移動も制限され、「人々の生活を維持、または守る上で必要な」仕事に就いている人を除く全ての労働者も、自宅にとどまるようにという指示だ。

これを受けて14日、ミシガン州に住む4人が「外出禁止命令は憲法で認められている人権を侵害するものだ」として、ウィットマーを相手取り訴えを起こした。この4人の代理人を務めるデービッド・ヘルムは本誌に対して、ウィットマーによる外出禁止命令の延長は「理不尽」であり「やりすぎ」だと語った。

ミシガン州は米国内で新型コロナウイルスの感染者が最も多い州のひとつで、同州保健省によればこれまでに2万8059人が感染し、1921人が死亡している。

20200421issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ビジネス

バーレ、第4・四半期はダム事故で巨額費用 中核利益

ビジネス

テスラ、部品不足で米工場2日間停止 マスク氏がツイ

ワールド

緊急事態、大阪など6府県の先行解除を諮問=西村再生

ビジネス

21年の中国成長率、8─9%の可能性 前年の反動=

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月