最新記事

テロ対策

比ドゥテルテを悩ますイスラム教武装組織アブサヤフ 誘拐された医師、銃撃戦の末救出

2020年3月27日(金)10時28分
大塚智彦(PanAsiaNews)

難問山積のフィリピン・ドゥテルテ。Eloisa Lopez - REUTERS

<新型コロナウイルス対策に追われるドゥテルテを悩ますもう一つ存在は......>

フィリピンの治安当局は25日、今年2月に正体不明の武装集団に誘拐されて行方不明となっていたフィリピン人男性医師を武装集団との銃撃戦の末、24日に救出したことを明らかにした。医師は軍の医療施設でメディカルチェックを受けているが、これまでのところ負傷もしておらず、健康状態に問題はないという。

フィリピン南部スールー州ホロ島にあるホロ市でクリニックを運営するダニエル・モレノ医師は2月4日夜、自宅を兼ねたクリニックから銃で武装して警察官や兵士に変装した正体不明の男性4人に誘拐され、その後行方不明となっていた。

地元治安当局では武装した男性らはスールー州などフィリピン南部で治安部隊との衝突やマレーシア人、インドネシア人の漁民などの誘拐を繰り返しているイスラム教武装組織でテロ組織にも指定されている「アブサヤフ」の一派に属するメンバーによる犯行が濃厚と判断して、捜索活動と同時に情報収集に着手した。

犯行直後に目撃者などが証言した誘拐に使用された車両は近郊の町で発見されたもののモレノ医師に消息に関しては有力な手掛かりはつかめていない状況が続いていたという。(参照=2月7日、フィリピン南部で医師誘拐 軍と野戦闘で負傷者がいるイスラム系テロ組織の犯行か)

ジャングルでの銃撃戦で救出

そうした膠着状態が続いていた中、24日夜にスールー州南部のインダナン町郊外のバンガラン地区に広がるジャングルを夜間パトロールしていた軍と警察の合同部隊がアブサヤフ系のメンバーとみられる武装グループと突然遭遇し、その場で激しい銃撃戦となったという。

現地治安当局者が地元記者に明らかにしたところによると、数分間続いた銃撃戦の末武装グループは後退、逃走をはじめた。パトロール中の治安部隊がその追跡に移ったところ、武装グループ側から1人の男性が治安部隊の側に逃れてきたという。確保したその男性の身元を確認したところ誘拐されたモレノ医師だったという。

この時の銃撃戦では双方に死者は出ず、武装グループはモレノ医師を現場に残してジャングルの中に行方をくらませたという。

治安当局では誘拐事件の発生当初からモレノ医師を誘拐した目的は1月18、19日に南部タウイタウイ州で発生した政府軍とアブサヤフとの戦闘でアブサヤフ側に多くの負傷者がでたことから治療・手当に当たる医療関係者が必要になり、その為にモレノ医師が誘拐されたとみていた。

しかし、その後モレノ医師の解放を条件とした身代金(約8万ドル)の要求があったとの情報もあり、身代金目的の誘拐との見方もでたが、モレノ医師を誘拐したグループと身代金を要求したグループが全く別の組織である可能性も浮上するなどして捜査は進まない状態が続いていた。

治安当局では今後モレノ医師から詳しい事情を聞いて犯行グループの特定や潜伏の可能性のある場所、誘拐の目的などを調べる方針という。

ニュース速報

ビジネス

訂正:米エアビーアンドビー、1日の宿泊予約が100

ビジネス

アングル:日銀に迫るコロナ「秋の陣」、感染急増で景

ワールド

台湾、海外に民主主義をアピール 投資・人材を誘致へ

ワールド

「GoTo」進め方、明日の分科会で専門家が分析し国

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月