最新記事

テロ対策

比ドゥテルテを悩ますイスラム教武装組織アブサヤフ 誘拐された医師、銃撃戦の末救出

2020年3月27日(金)10時28分
大塚智彦(PanAsiaNews)

自爆テロ実行のグループ

アブサヤフの中には身代金目的の誘拐を資金獲得の手段として「誘拐ビジネス」に手を染めるグループと本来の「イスラム教に基づく独立」を目指して政府軍や警察と戦闘を続ける中東のテロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うグループの2派を軸に複数の小グループが乱立状態で存在しているとも指摘されている。

フィリピン治安当局などによると、今回のモレノ医師の誘拐に関わった可能性が高いのはムンディ・サワジャン容疑者に率いられたグループとみられている。

ムンディ・サワジャン容疑者はフィリピン南部に残るIS系グループの残党を率いているとされるハティブ・ハジャン・サワジャン容疑者の甥にあたる人物とされている。

ムンディ・サワジャン容疑者は2019年1月27日にスールー州ホロ市のキリスト教教会を狙った自爆テロを計画した首謀者として治安当局が行方を追っている人物。この時のテロはインドネシア人男女2人が自爆テロの実行犯で、市民など23人が死亡している。

ムンディ・サワジャン容疑者率いるグループは「誘拐ビジネス」に資金獲得の活路を見出そうとしているとされ、1月16日にマレーシア領タンビサン島沖の海域で操業中に誘拐されたインドネシア人漁民5人の誘拐にも関与しているとみられている。

フィリピン治安当局では、依然として行方が分からない状態のインドネシア人漁民5人の解放、救出を目指してアブサヤフとムンディ・サワジャン容疑者率いるグループに対する追跡捜査にさらに力を入れ、最終的には同グループの壊滅を目指すとしている。

フィリピンのドゥテルテ大統領は現在直面しているコロナウイルスの対策への全力対応に集中することを目的に政府軍と武装闘争を続けているフィリピン共産党の武装部門である「新人民軍(NPA)」との間で一時停戦することで合意している。

しかしアブサヤフなどイスラム系武装組織との間ではそうした動きは現在まで具体化しておらず、ドゥテルテ大統領はコロナウイルス対策と並んでテロ組織との戦いからも手を抜けない事態となっている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など



20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ワールド

民主主義への不満、世界的にミレニアル世代が最大=研

ビジネス

原油先物、4日続落 新型コロナ感染第2波やリビアの

ワールド

豪中銀、10月理事会で追加緩和の可能性を議論=議事

ビジネス

午前の日経平均は反落、米追加経済政策巡り様子見ムー

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月