最新記事

感染症対策

G20首脳、新型コロナウイルス克服に「手段選ばず」 世界で5兆ドル供給

2020年3月27日(金)11時05分

20カ国・地域(G20)首脳は26日、新型コロナウイルス危機を克服するために「手段を選ばない」とし、各国の新型コロナ対策を通じて世界経済に5兆ドルを供給すると発表した。写真はテレビ会議に参加したブラジルのボルソナロ大統領。提供写真(2020年 ロイター)

20カ国・地域(G20)首脳は26日、新型コロナウイルス危機を克服するために「手段を選ばない」とし、各国の新型コロナ対策を通じて世界経済に5兆ドルを供給すると発表した。

この日、テレビ会議を開催したG20首脳は、経済的・社会的損失を最小限に留め、国際貿易での不必要な干渉を回避すると同時に、世界保健機関(WHO)などとともに命を守るために必要なあらゆる健康対策を実施し、資金を供給していくと表明。

アフリカなどの脆弱な国々や難民などに対するリスクを懸念しているとし、グローバル金融セーフティネットや国民健康保険制度を強化する必要があると強調した。

共同声明では「この共通の脅威に対し共同戦線を張ることに強くコミットする」と表明。「健康保護を目的とした緊急措置は、対象が絞られている上、規模も相応で、透明性が高く、一時的なもの」とし、5兆ドル規模の財政政策、経済対策、保証制度に加え、大規模な財政支援を実施していくとした。

今回の声明には、G20が不可欠な医療用品の国境を越えた供給ルートを確保するという、貿易に関する融和的な文言が数年ぶりに盛り込まれた。だが、多くの国で医療用品に課されている輸出禁止措置の解除までは踏み込まず、国際貿易での「不必要な干渉」を回避するとの表明にとどまった。

G20首脳は、国際通貨基金(IMF)と世界銀行に対し、「あらゆる措置を最大限に活用して支援を必要とする国を助けるよう要請した。

関係筋によると、IMFのゲオルギエワ専務理事は、新型コロナ対策としての緊急融資枠の規模を巡り、当初の500億ドルからの倍増を目指しており、27日に開催される運営方針を決める委員会で検討される見通し。

G20首脳はまた、WHOの対策における資金不足を解消し、その権限を強化するほか、医療用品の製造能力拡大や感染症への対応力強化、臨床データの共有などを実現するとした。

WHOのテドロス事務局長は26日、G20首脳に対し、新型コロナ感染が「飛躍的なペースで加速」していると警告し、「医療用防護具の生産を拡大するほか、輸出規制を撤廃し、公平な分配を確実にするように」と訴えた。

今回、G20が供給を表明した5兆ドルは、世界的金融危機を受けた2009年に世界経済を支援するために供給された額とほぼ同じ。

トランプ米大統領は、G20会合後、各国は危機に立ち向かうため、新型コロナの情報とデータを引き続き共有しあっていると述べた。

ホワイトハウスによると、トランプ氏はマクロン仏大統領と26日に電話で会談し、新型コロナ対策でのG20などを通じた国際協調の重要性で一致した。

G20会合では、原油価格競争を繰り広げるサウジアラビアとロシアの対立は見られなかった。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・欧州当局「新型コロナウイルス、夏に終息の公算小 高温多湿でも活発」
・新型コロナウイルス感染症で「嗅覚がなくなる」という症例が多数確認される
・新型コロナ、急がれる医薬品開発──抗ウイルス薬やワクチンがなかなかできないのはなぜ?


20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月