最新記事

香港

新型コロナウイルスがアパートの配管を通じて空気感染?(香港)

Coronavirus Could Spread Through Pipes in Buildings, Officials Fear

2020年2月12日(水)18時20分
カシュミラ・ガンダー

10階離れて2人の感染者を出した香港・新界のアパート、康美樓に駆け付けた衛生当局者たち(2月11日) Tyrone Siu-REUTERS

<1つの集合住宅で2人目の感染者。1人目の感染者は10階も上の住人だ。配管を共有する34戸の100人以上が隔離施設に移送された>

香港の衛生当局は2月11日、新界にある長康村のアパート「康美樓」から100人以上の住人を避難させたと発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した住人が2人見つかったからだ。2人は35階建てのアパートの別々の階の住人で、危険な新型コロナウイルスが配管を通して広まっているのではないか、という不安が広がっている。

騒ぎのきっかけは、後から感染が明らかになった62歳の女性の浴室で、封止していない配管が見つかったこと。この女性は、それ以前に感染したもう一人の住人の10階も下に住んでおり、この配管が感染経路かもしれないと疑われた。

香港政府食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長によると、3つの別々の部屋に住む入居者4人にも、発熱、乾いた咳、息切れ、呼吸困難といった新型コロナウイルス肺炎の症状が見られたという。

AFP通信によれば、2月11日の朝早く、マスクと白い防護服を身につけた衛生当局者が康美樓に殺到。ウイルスがビル全体に広がっているのかどうかを調べる間、予防的措置として住人は避難させられた。同じ排水管でつながる34戸の100人以上の住人が隔離施設に移された。「感染の正確な経路はまだわからない」と、衛生防護中心(CHP)の黄加慶(ウオン・ジアチン)は念を押す。「飛沫感染や接触感染という普通の経路だった可能性もある」

「自宅にもいられない」

入居者のある女性は、「チャン」という姓だけを名乗ってAFPにこう語った。「もちろん怖いに決まっている」「マスクが足りないので、家族も外出はめったにしなくなった。孫たちも廊下では遊ばせないようにしていたが、今は自宅にもいられなくなった」

今回と似たようなことは、2003年にSARSが流行したときにも起こった。SARS流行の際には、香港のある集合住宅の入居者329人が劣悪な配管を通じて感染し、42人が死亡した。ただし、香港政府運輸・住宅局の陳帆(フランク・チャン)局長は、今回康美樓で起きた新型コロナウイルスの感染例は、SARSの例とは比べられないと、ニューヨーク・タイムズに語った。COVID-19はきわめて新しいウイルスのため、感染ルートはまだ完全に特定されていない。

新型コロナウイルスに当局が注目するようになったのは、中国中部の湖北省・武漢市にある海鮮卸売市場で働く人たちが相次いで倒れた2019年末のことだ。以降、香港も含む中国の感染者数は4万4000人を超え、死者は1113人にのぼっている。

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける
<参考記事>新型コロナウイルスはコウモリ由来?

20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月