最新記事

テクノロジー

IBM、米西海岸の「RSAカンファレンス」への参加を取り止め──「従業員の健康が大事」

Coronavirus Outbreak: IBM Pulls Out From RSA Conference

2020年2月17日(月)17時30分
タルン・マズムダル

開催は1週間後に迫っているが(写真は、サイバーセキュリティーのイベント「RSAカンファレンス」のサイト) www.rsaconference.com/usa

<新型コロナウイルスの感染拡大で、米テクノロジー企業のイベント見合わせが相次いでいる>

IBMは15日、サンフランシスコで3月に開催されるサイバーセキュリティの世界的イベント「RSAカンファレンス」への参加を新型コロナウイルスの感染拡大を理由に取りやめたと明らかにした。

IBMのセキュリティ部門はツイッターで「わが社にとって従業員の健康は最大の関心事であり、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連して今後のイベントや出張について検討を続けている。今年のRSAカンファレンスについては参加を見合わせる」と発表した。

新型コロナウイルスに対する懸念が広がっているものの、RSAカンファレンスの主催者によれば開催の予定に変更はないという。主催者はウェブサイトでIBMの参加見合わせを認め、こう述べた。

「IBMの決定を理解し尊重するが、RSAカンファレンスはスケジュール通り開催する予定だ」

RSAカンファレンスへの参加を見合わせた出展社やスポンサーはこれまでに8社。うち6社が中国企業で、残りはカナダとアメリカの企業が1社ずつだという。

フェイスブックも中止

RSAのウェブサイトでは、主催者が会期中に取る感染予防策についても明らかにされている。ボランティアが登録カウンターや床をこまめに消毒するほか、参加者を運ぶシャトルバスには手指用の消毒剤を置き、座席のひじ掛けについては1日に4回、拭き掃除をするという。

ちなみにこれまでに参加登録した人の82%はアメリカ在住だという。

テクノロジー企業の間ではイベントの開催を見合わせる例が相次いでいる。フェイスブックは年に1度の「グローバル・マーケティング・サミット」を中止。スペインのバルセロナで予定されていたモバイル見本市「MWC」も開催が見送られた。

新型コロナウイルスの影響は、大小を問わず世界各国の多くの企業やイベントに及んでいる。

(翻訳:村井裕美)

<参考記事>新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪
<参考記事>アフリカで初の新型コロナウイルス感染者、医療ぜい弱な大陸は大丈夫なのか

20200225issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

ニュース速報

ワールド

東京都、五輪の簡素化を検討 橋本担当相「IOCなど

ワールド

オーストラリアとの航空便再開、7月は早すぎる=NZ

ワールド

五輪開催「ワクチン開発が条件」との事実ない=官房長

ワールド

IOC・組織委・東京都の動きをしっかり注視=五輪簡

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月