最新記事

音楽

クイーンの現ボーカリスト、アダム・ランバートが70年代に回帰する理由

Turning to Soul

2020年2月29日(土)15時15分
トゥファエル・アフメド

アルバム発売、ソロツアーやクイーンとしてのツアーがめじろ押し(2月のニュージーランド公演) Dave Simpson-Wireimage/GETTY IMAGES

<新作『ベルベット』はソウルフル――フレディ・マーキュリーの空白を埋める男の意外な路線>

1985年のことだ。クイーンの活動を一時中断していた故フレディ・マーキュリーは初のソロアルバム『Mr.バッド・ガイ』を出した。スタジアムの大観衆を熱狂させるロックとは異質な、ポップとディスコのサウンドだった。

あれから35年。フレディの後継者たるアダム・ランバート(38)が、近く4枚目のアルバム『ベルベット』を出す。その音楽性は、この男もまたフレディと同じ道をたどるのかと思わせるものだ。

ランバートは09年に人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』で準優勝。デビューアルバムがチャート上位に入り、ブライアン・メイとロジャー・テイラーに招かれて「クイーン+アダム・ランバート」を結成した。

ランバートの売りは力強いポップロックだが、『ベルベット』は一転してファンクでソウルフル。昨年9月に収録曲の約半分が『ベルベット:サイドA』として先行発売され、「スーパーパワー」など、70~80年代のプリンスやライオネル・リッチー、ジョージ・マイケルを彷彿させる曲が詰まっている。

最近ビデオ公開された「ローゼス」(3月発売の『ベルベット』に収録)ではシックのナイル・ロジャースとコラボ。少しかすれたミッドテンポのボーカルと熟練のギターさばきの融合は70年代への回帰そのものだ。

大昔の音楽に戻るのは、「聴きながら育った音楽へのラブレター」のようなものだと、本人は言う。「家では両親が70年代のヒット曲のレコードをよくかけていた。僕は自分の歌にもう少しソウルを吹き込みたかった。派手なポップやダンス系じゃなく、自分が音楽を好きになった原点に戻りたかった」

僕らは標的にされている

音楽業界で10年を過ごした今、もはやビリー・アイリッシュやロディ・リッチなどの若いアーティストと競ったり、いつもラジオから流れているような曲の二番煎じはやりたくないと感じている。「音楽業界もトレンドで動く。トレンドの仕掛け人がいて、追い掛ける人がいる。批判はしないさ。流れに乗れば成功するのだから」と言う。

「売れた数やネット配信の回数で成功かどうかを決めるのは簡単だけど」とランバートは言う。「この数年で自分なりの成功の基準ができた。今回のアルバムでの判断基準はこうだ。これは本物か、自分はこれを愛せるか、これで自分は成長したか、の3つだ」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

独輸出、10月は前月比-0.6% 予想以上の減少

ワールド

杉田政務官はLGBT巡る表現撤回、職責果たす能力あ

ビジネス

焦点:景気悪化で中国企業が採用抑制、学生は公務員に

ビジネス

ロイターネクスト:IPO市場は停滞、来年は急回復も

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 8

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 9

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 10

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月