最新記事

韓国社会

韓国・文在寅も心動かした「仁川のジャン・バルジャン」 その正体は?

2020年1月24日(金)19時20分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

人権弁護士だった文在寅も言及

さらには大統領までもが、この家族の事を言及するようになる。事件から6日後、大統領府・青瓦台で行われた首席・補佐官会議にて文在寅大統領は、この父子について触れ、「政府と自治体は市民の温情に頼るのではなく、福祉制度を通じて制度的に(彼らを)助ける道があるのか積極的に探ってほしい」と指示。

さらに、「快く彼らを許したスーパーマーケットの主人、彼らを帰す前にクッパをおごりながら涙を流した警察官、市民の皆さん達の温情は、私たちの社会が希望ある暖かい社会だということを証明してくれた」と語った。

バルジャンの正体

ここまで聞くと、感動の美談である。しかし、その後ジャン・バルジャンイメージが一変する。12月27日放送された報道番組『궁금한 이야기 Y(気になる話Y)』は、彼の元同級生・元同僚・勤めていたタクシー会社の関係者・常連のネットカフェの主人などにインタビューを行った。そこで出てきた証言によると、「息子の病院に行くお金を貸してほしいと嘘をついてスポーツくじにお金をつぎ込んでいた」「タクシーの売上料金を書き換えて提出された」「そもそも、万引きするのに息子を連れていくとは、理解できない」など、家族思いの父親像が段々と崩れていく。

父親は、この報道番組のインタビューに弁明していたが、「乗客が置き忘れた携帯電話を届けず、そのままネコババして副収入として売っていた」という点に関しては認めた。

注目度が高かった現代版ジャン・バルジャンの美談だっただけに、この衝撃の報道は、多くの人を失望させることとなる。年明けには、この番組を見た多くの支援者たちから支援中止の申し出が続いた。すでに全国から集まった支援金は、2千数万ウォン(約200万円)と米等食料200万ウォン(約20万円)相当。

支援金窓口となっている仁川募金会は、すでに送られた募金も希望者には返金手続きを行っているが、未返金となったお金はジャン・バルジャン一家に渡すか会議で決定するという。

対応した警官にまで非難の声が

さらに、非難の目はこの時マートに駆け付け父子にクッパをおごった2人の警察官にまで飛び火した。12月29日付けの新聞の読者欄に、「警察官らは、十分に確認せずに窃盗容疑者を訓戒措置した。これは職務遺棄に該当する」という読者からの投書が載った。市民から通報を受けたものの、情に流されてきちんと調べもせずにそのまま帰してしまったことに疑問を持つ市民もいるようだ。この警察官らは、報道番組の放送前、美談が話題となったころに仁川警察庁長官表彰を授与されており、それも批判に輪をかける一因になったようだ。

ニュース速報

ワールド

米司法省、クシュナー氏弁護士を捜査 恩赦巡る汚職疑

ビジネス

産業再生機構のような組織が必要、空の国際線は1社で

ワールド

米国との関係、一部のダメージは「修復不可能」=中国

ビジネス

ドイツ鉱工業受注指数、10月は前月比+2.9% 予

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 6

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 4

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 5

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 8

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月