最新記事

オーストラリア森林火災

オーストラリア森林火災で火災積乱雲が異常発生、その影響は

Smoke From Australia Fires Has Now Reached the Stratosphere, NASA Says

2020年1月15日(水)17時45分
アリストス・ジョージャウ

国際宇宙ステーションから撮った激しい噴煙(1月4日) NASA

<森林火災の影響が、ついに成層圏へ>

オーストラリアに壊滅的な被害をもたらしている森林火災の煙が地球を一周し、発生源のオーストラリア上空に戻ってきつつあることが、米航空宇宙局(NASA)の観測により判明した。火災の煙ははるか上空に達し、地球大気のうち地表から2つ目の層にあたる成層圏に届くほどになっている。

森林火災の煙は1月8日までに南米に達し、一部の地域では煙によって空にもやがかかったようになったほか、日の出や日の入には普段と違った色の光が見えたと、NASAは報告している。

2019年9月以降、オーストラリアでは数百件の森林火災が発生。消失面積は数百万ヘクタールに達する。この火災により少なくとも28名が死亡し、約2000戸の家屋が焼け落ちた。命を落とした野生動物は10億匹を超えると、BBCは報じている。

<参考記事>オーストラリア森林火災、動物の犠牲は5億匹

記録的な高温と乾燥が火災の拡大に適した環境を作り出したという。ドイツのポツダム気候影響研究所の気候学者シュテファン・ラームシュトルフはタイム誌の取材に対し、世界的な気候変動が進む中、こうした気候がオーストラリアではもっと一般的になる可能性が高いと語った。

最大級の煙が成層圏に

NASAによれば、この暑く乾いた気象条件はまた「異例なほど多数の」火災積乱雲の発生を招いているという。火災積乱雲は、火災から高く巻き上がった煙が作る雷雲だ。

「こうした雷雲は、非常に高温となった上昇気流によって、灰や煙、燃える物体が舞い上がることによって引き起こされる。こうした物体の温度が下がると、雲が形成される。これらの雲は、雨は降らせないが雷を起こす」と、NASAの声明は解説する。

火災積乱雲の形成自体は比較的よくあることだが、気象学者マイケル・フロムをはじめとする米海軍研究所(NFL)の研究チームは、2019年最終週から2020年第1週にかけては20件以上を観測した。

「これはオーストラリアで発生した中では最も激しい火災積乱雲の大量発生だ」と、フロムは声明で述べた。

今回の森林火災の煙が世界を一周するほど広がっているのは、火災積乱雲も一因だ。こうした積乱雲により、煙が成層圏にまで達したからだ。火災積乱雲の発生によってオーストラリア上空で成層圏にまで押し上げられた煙の一部は、上空15~19キロメートルにまで到達している。

「こうした噴煙は、数週間かけて上昇していく性質がある。歴史的な順位はそれから判断することになる」と、フロムは説明した。「とはいえ、予備的な調査でわかった科学的証拠から、現在オーストラリアで発生している噴煙の高さは、これまでの記録の上位5つには入るだろう。また、成層圏に放出された煙の総体積は、最近数十年に観測された中では最大級のようだ」

<参考記事>野良ネコが増え続けるオーストラリアで「1世帯2匹まで」のネコ規制条例

(翻訳:ガリレオ)

20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

ニュース速報

ワールド

イラン国会にNPT脱退の動議提出=報道

ビジネス

銀行システムの流動性、適度に潤沢な水準に維持する=

ビジネス

仏ルノーがきょう取締役会、デメオ氏の新CEO指名承

ビジネス

金融緩和、あくまで2%の物価目標達成のため=黒田日

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 6

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 7

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 10

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月