最新記事

弾劾裁判

トランプの弱みを握るボルトン、弾劾裁判で証言か

Mitch McConnell Says He Doesn't Have Enough Votes to Block New Witnesses

2020年1月29日(水)17時50分
クリスティナ・チャオ

トランプにクビにされたボルトンがトランプ有罪の証拠を握っている Jonathan Ernst-REUTERS

<共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は1月28日、内々で共和党の上院議員たちにこう語ったという。民主党がボルトンを証人として招致するのを止めるのに必要な票数が確保できない、と──>

1月28日午後、ドナルド・トランプ米大統領の弁護団が冒頭陳述を行った後、米上院で多数派を握る共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は非公開の会合で、現段階では民主党の証人招致を阻止できないと話したという。この会合の内容を知る共和党の情報筋が、APとフォックス・ビジネスに語った。

新たな証人を承知するか否かで共和党と民主党が争うさなかに飛び出した発言だ。もし本当なら、トランプに不利な証拠を握るとみられるジョン・ボルトン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)などの証人が弾劾裁判に出ることになる。上院における弾劾裁判の証人招致をめぐる採決は、数日中に実施される予定だ。

<参考記事>ボルトン解任はトランプにしては賢明だった

民主党が弾劾裁判でボルトンなどの証人に証言させるためには、共和党上院議員4名からの賛成票が必要だ。造反しそうな共和党議員も既に何人かいる。ミット・ロムニー上院議員とスーザン・コリンズ上院議員は、証人招致もやむをえないと示唆している。

迅速な裁判と無罪判決を第一にめざしてきた共和党とトランプの弁護団は、最近さらなる圧力にさらされている。近く刊行予定のボルトンの回想録の中に、トランプに不利な記述があることが報じられたのだ。

それによれば、トランプは2019年8月にボルトンに対し、大統領選のライバルになりそうなジョー・バイデン前副大統領など民主党候補の調査にウクライナの当局者が応じるまで、ウクライナに対する3億9100万ドルの軍事支援を引き続き凍結したいと述べたという。

この内容が確認できれば、トランプの罷免を求める民主党側の主張を裏付ける材料となる。

ボルトンは、議会に求められれば証言に応じると言っている。トランプが現在と過去の側近に対して、弾劾裁判に協力するなと命じているにもかかわらずだ。トランプは今回の弾劾裁判を「でっちあげ」であり「魔女狩り」と繰り返し非難している。

ボルトンが回想するトランプとの会話の内容は、トランプ弁護団の主張と矛盾する。弁護団は、トランプは見返りを目的に援助をしたことはない、と主張してきた。

こうしたトランプとボルトンの主張の食い違いは、アメリカ有権者の疑念を呼び、真実を知りたいという思いをかきたてている。クイニピアック大学が1月28日に発表した最新の世論調査では、有権者の圧倒的大多数(75%)が、上院は証人招致を認めるべきだと回答した。調査対象者の回答は、支持政党の主張におおむね沿っている。 証人を招致すべきだと回答したのは、民主党支持を自認する人では95%、共和党支持者では49%、無党派層では75%だった。

トランプの弁護団は、ボルトンの証言を認めることに対して警告を発してきた。ボルトンの発言は「証拠にならず」、裁判にさらなる混乱をもたらすおそれがあるという。トランプへの圧力が高まることは確かだろう。

<参考記事>退屈過ぎる弾劾裁判だが、裁かれるべきはトランプの行動の是非

(翻訳:ガリレオ)

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月