最新記事

トランプ弾劾

退屈過ぎる弾劾裁判だが、裁かれるべきはトランプの行動の是非

2020年1月28日(火)15時30分
ジム・ニューウェル(スレート誌政治記者)

弾劾裁判で新しい証拠が一切出てこないようにするのが共和党の戦略だ U.S. SENATE TV-HANDOUT-REUTERS

<民主党の主張に「新たな情報は何も含まれていない」と口を揃える共和党議員――退屈して立ち上がって体を動かしたり、トイレに行ってなかなか戻らない議員も......>

米上院で始まったトランプ大統領の弾劾裁判。1月22日、検察官役を務めるアダム・シフ下院情報特別委員長(民主党)の冒頭陳述が始まると、共和党上院議員の多くが同じ反応を示した。民主党の主張には全く新味がない、というのだ。

弾劾裁判は議会の上院で行われ、上院議員たちが陪審員の役割を務める。上院議員の3分の2以上が賛成すれば、大統領の罷免が決まる。

シフの冒頭陳述が始まって数時間後、休憩時間に報道陣の前に姿を現したテッド・クルーズ共和党上院議員はこう述べた。「冒頭陳述はまだ始まったばかりとはいえ、早くも見えてきたのは、民主党が同じ主張を延々と繰り返すだけだということだ」

ほかの共和党上院議員たちも口々に、冒頭陳述に新しい情報は含まれていないと批判した。議員たちは自分からわざわざ報道陣の前に歩み寄って、コメントを述べた。つまり、皆が党の方針に従って示し合わせたメッセージを発しているのだろう。

こうした共和党政治家たちの指摘が完全に間違っているわけではない。実際、冒頭陳述の内容の多くは、シフが数カ月前から主張してきたことと変わらなかった。

冒頭陳述は、24日まで3日間にわたり行われた。議員たちは、その初日に早々と退屈し始めていた。議場の様子は、長距離便の旅客機の客室のようだった。立ち上がって体を動かす議員や、落ち着きなく周囲を見回す議員もいたし、議場内を「散歩」する議員や、トイレに行ってなかなか戻ってこない議員もいた。

昨年、トランプ弾劾の理由になったウクライナ疑惑が発覚して以来、この問題をずっと追い続けてきた議員たちにとって、冒頭陳述の内容が既に知っていることばかりで退屈だというのは理解できる。しかし、本当に重要なのは、議員たちがその「既に知っている」情報をどのように評価するかだ。

いま本当に問うべきこと

冒頭陳述に新味があるかないかをことさら論評する共和党議員たちは、それを口実に、自分たちが判断しなくてはならないことから逃げている。議員たちの役割は、トランプの取った行動に問題があったのかなかったのかを判断することのはずだ。

これまで共和党議員たちは、大統領の罷免が相当だと判断するに値する証拠と向き合うことを巧みに避けてきた。この状況は、トランプにとって極めて不利な証拠が新たに出てきても変わらないだろう。

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月