最新記事

フランス

年金改革反対のゼネスト続くフランスで、「階級戦争」ボードゲームが大ヒット

Class Warfare, Inequality Board Game 'Kapital!' Sells Out Ahead of Christmas

2019年12月27日(金)13時40分
ベンジャミン・フィアナウ

プレイヤーのうち「支配的」な1人だけが勝者になれる France 24 English/YOUTUBE

<プレイヤー同士が競って世界の富裕層の仲間入りを目指すボードゲームが、クリスマス前に売り切れになるほどの人気に>

フランスではマクロン政権が進める年金制度改革に抗議して、今月5日から全土の労働組合などによる大規模なゼネストが継続中で、鉄道、バスなどの公共交通機関はマヒ状態に陥っている。

そんな混乱した年末の世相を反映して、プレイヤー同士が富裕層入りを目指して競い合う、現代の経済格差を描写したボードゲームが売り切れるほど大ヒットしている。

<参考記事>年金維持のためどの国より健康であり続けなければならない日本──引退年齢と健康寿命の国際比較

このボードゲーム「キャピタル!(資本)」は、フランスの社会学者で作家のモニク・パンソン=シャルロと夫ミシェルが考案した。労働者、中産階級のプレイヤーが競い合って、タックスヘイブン(租税回避地)や豪華なクルーズ船取得を目指す。

国際ニュースチャンネル「France 24」は今週24日、このゲームが12月の3週間で1万セットが売り切れる大ヒットになっていると報じた。ゲームのテーマは「階級戦争」で、貧困層や中産階級のプレイヤーたちとの競争に勝って、トップの「支配的」な立場になった1人だけが超富裕層の仲間入りを果たすことができる。プレイヤーは「社会資本」「文化資本」「象徴資本(立ち居振る舞い、考え方などによる優位性)」を増やすことによって、次世代の世界的大富豪になる夢を叶えられるというゲームだ。

ゲームのサブタイトルは「階級戦争に勝つのは誰だ?」。考案者のパンソン=シャルロは取材に対して「マクロン政権下のフランスでは、支配階層の固定化と搾取が極限まで進み、もはや階級闘争ではなく『階級戦争』の域に達しているから」と語っている。

「階級戦争」ボードゲーム「キャピタル!」を考案者が解説


勝者になれるプレイヤーは1人だけで、ゲームの最後には世界の富裕層エリートの仲間入りができる。「資本」が足りず敗北した他のプレイヤーは、ゲーム開始時と同様に貧民層、中産階級同士の競争から抜け出せない。そして「スピード」だけでは富裕層にはなれない。

<参考記事>「イエローベスト」の暴徒化に揺れるフランス、その不穏な正体

ニュース速報

ワールド

NY州知事、隣接州との不要不急の移動制限検討 コロ

ビジネス

FRBの社債購入策、必要に応じて拡大も=NY連銀高

ビジネス

米経済、追加景気対策なければ失速の恐れ=シカゴ連銀

ワールド

スペインで外出禁止令検討、伊は地域別で制限措置 コ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月