最新記事

フランス

年金改革反対のゼネスト続くフランスで、「階級戦争」ボードゲームが大ヒット

Class Warfare, Inequality Board Game 'Kapital!' Sells Out Ahead of Christmas

2019年12月27日(金)13時40分
ベンジャミン・フィアナウ

プレイヤーのうち「支配的」な1人だけが勝者になれる France 24 English/YOUTUBE

<プレイヤー同士が競って世界の富裕層の仲間入りを目指すボードゲームが、クリスマス前に売り切れになるほどの人気に>

フランスではマクロン政権が進める年金制度改革に抗議して、今月5日から全土の労働組合などによる大規模なゼネストが継続中で、鉄道、バスなどの公共交通機関はマヒ状態に陥っている。

そんな混乱した年末の世相を反映して、プレイヤー同士が富裕層入りを目指して競い合う、現代の経済格差を描写したボードゲームが売り切れるほど大ヒットしている。

<参考記事>年金維持のためどの国より健康であり続けなければならない日本──引退年齢と健康寿命の国際比較

このボードゲーム「キャピタル!(資本)」は、フランスの社会学者で作家のモニク・パンソン=シャルロと夫ミシェルが考案した。労働者、中産階級のプレイヤーが競い合って、タックスヘイブン(租税回避地)や豪華なクルーズ船取得を目指す。

国際ニュースチャンネル「France 24」は今週24日、このゲームが12月の3週間で1万セットが売り切れる大ヒットになっていると報じた。ゲームのテーマは「階級戦争」で、貧困層や中産階級のプレイヤーたちとの競争に勝って、トップの「支配的」な立場になった1人だけが超富裕層の仲間入りを果たすことができる。プレイヤーは「社会資本」「文化資本」「象徴資本(立ち居振る舞い、考え方などによる優位性)」を増やすことによって、次世代の世界的大富豪になる夢を叶えられるというゲームだ。

ゲームのサブタイトルは「階級戦争に勝つのは誰だ?」。考案者のパンソン=シャルロは取材に対して「マクロン政権下のフランスでは、支配階層の固定化と搾取が極限まで進み、もはや階級闘争ではなく『階級戦争』の域に達しているから」と語っている。

「階級戦争」ボードゲーム「キャピタル!」を考案者が解説


勝者になれるプレイヤーは1人だけで、ゲームの最後には世界の富裕層エリートの仲間入りができる。「資本」が足りず敗北した他のプレイヤーは、ゲーム開始時と同様に貧民層、中産階級同士の競争から抜け出せない。そして「スピード」だけでは富裕層にはなれない。

<参考記事>「イエローベスト」の暴徒化に揺れるフランス、その不穏な正体

ニュース速報

ワールド

サウジ・米・ロシア首脳、産油国間の協力を確認=通信

ワールド

緊急事態宣言対象に他地域含めるに至らず、慎重に判断

ビジネス

米ボーイング、人員の10%削減を検討=WSJ

ワールド

成田空港の滑走路1本を一時閉鎖へ、航空機発着回数の

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月