最新記事

災害

オーストラリア大規模森林火災収まらず NSW州再び非常事態宣言、煙霧シドニー覆う

2019年12月19日(木)15時41分

大規模な森林火災が続いているオーストラリアのNSW州で、ここ2カ月で2度目の非常事態が宣言された。写真左は19日、濃い煙霧に覆われるシドニーのオペラハウス(2019年 ロイター/Stephen Coates)

大規模な森林火災が続いているオーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州で19日、ここ2カ月で2度目の非常事態が宣言された。高温と強風によって火の勢いが増しており、シドニーは濃い煙霧に覆われて屋外での活動がしづらくなっている。

7日間の非常事態宣言により、消防当局は住民の避難や道路の封鎖などで幅広い権限を与えられる。

同州では100件前後の火災が発生しており、その半分以上は鎮火のめどが立っていない。一部の地域で気温が摂氏45度まで上昇すると予報されるなか、州政府当局は住民に警戒を呼び掛けている。

ベレジクリアン州首相はシドニーで記者団に「今後数日間で最も懸念されるのは、極度の強風と高温で予測が不可能になっていることだ」と語った。

クリスマスが近づき、通常なら海岸のリゾートが観光客でにぎわう季節だが、旅行計画については慎重に再考するよう同首相は警告した。

オーストラリア東部では大規模な森林火災が数週間にわたって続いており、これまでに6人が死亡、680戸以上の住宅が損壊、約120万ヘクタールの低木林の土地が消失している。

モリソン首相はここ数日、緊急事態にもかかわらず休暇を取って海外旅行に行っていたことや、政府が適切な気候変動対策を取っていないことについてソーシャルメディアで激しい非難にさらされている。

NSW州の救急救助当局によると、過去1週間に呼吸困難を訴える患者からの通報が10%増えているという。当局は呼吸器系統に問題がある人々に対し、外出せずに医薬品などを備えておくよう呼び掛けている。

深刻な森林火災に追い打ちをかけているのが異常な高温だ。現在オーストラリアは熱波に見舞われており、17日は国内の全観測地点の最高気温の平均が摂氏40.9度を記録し、観測史上最も暑い1日となった。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191224issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月24日号(12月17日発売)は「首脳の成績表」特集。「ガキ大将」トランプは落第? 安倍外交の得点は? プーチン、文在寅、ボリス・ジョンソン、習近平は?――世界の首脳を査定し、その能力と資質から国際情勢を読み解く特集です。


ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、協調減産や行動規制緩和で

ワールド

シンガポール、2020年GDP見通しを再び下方修正

ビジネス

中国人民銀行がリバースレポ実施、約2カ月ぶり=市場

ワールド

メキシコ市の死者、過去4年の平均を8000人上回る

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月