最新記事

犯罪

エアバス初号機で飛んできたのは密輸のハーレー ガルーダ航空、私物化のCEOを解任

2019年12月11日(水)18時51分
大塚智彦(PanAsiaNews)

新型エアバスのデリバリーフライト便に載せられ密輸されようとしたハーレー(中央)とブロンプトン(左) Antara-REUTERS

<一般の旅行客と扱いが違うことを悪用、自分への「クリスマスプレゼント」を密輸しようとした悪党が捕まった>

インドネシアの国営ガルーダ航空の社長兼CEOが解任された。それも同社が新規導入した新型機の初号機で高級バイクを密輸しようとした、という前代未聞の出来事に同社職員や国民から厳しい批判を浴びる事態となっている。

エリック・トヒル国営企業相とスリ・ムリヤニ財務相は12月5日に会見し、ガルーダ航空のイ・グスティ・ングラ・アスカラ・ダナディプトラCEOの解任を発表した。これは11月17日にフランス・トゥールーズからインドネシア・ジャカルタに到着したエアバスA330-900型機の初号機デリバリーフライトで、税関に未申告の物品が発見されたことが原因となった。

同機の税関に提出された書類には同航空幹部22人とCA10人の手荷物以外の申告品の記載はなかったが、空港の税関職員が機内に未申告のオートバイや自転車の部品など18点を発見。調査したところ税金逃れを狙った悪質な「密輸品」との疑いが強まり、関係当局に通報したという。

税関などのその後の調べにより無申告で持ち込みが図られたのは、解体された米ハーレーダビットソン社製の中古大型バイク1台と英ブロンプトン社製の高級折り畳み式自転車2台などと判明した。

地元メディアなどによるとバイクの市場価格は約8億ルピア(約620万円)で自転車は1台が約5千万ルピア(約40万円)という。

財務省によると今回の密輸による関税未払い分は最高で約15億ルピア(約1160万円)に上るものとみている。密輸品事態の価格よりも高いのは、インドネシアでは高級品に関しては最高で200%が課税されることがあるためだ。

会社の私物化で高級品密輸

ガルーダ航空内部の調査などによるとアスカラCEOは2018年に今回密輸しようとしたバイクや自転車を部下に対して私的に注文を依頼。購入資金はガルーダ航空本社の財務担当責任者からオランダ・アムステルダムにある同社支店に送金されたという。一連の注文・購入関係の書類にはアスカラCEOと同じイニシャルの名前が記入されているという。

購入資金がアスカラCEO個人のものかガルーダ航空社の資金かは現段階では明らかにはなっていないというが、会社を私物化して関税逃れをしたことには間違いなく、「国営企業のトップとしてその責任は重い」(政府関係者)として解任処分となった。

今回の処分の背景にはインドネシアの悪弊である「汚職・癒着・親族主義(KKN)」の払拭を掲げるジョコ・ウィドド大統領の政治姿勢が強く反映されているといわれている。

ニュース速報

ビジネス

第4四半期の台湾GDP、1年半ぶりの高い伸び

ビジネス

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で

ビジネス

緩和方向意識した政策当分続く、海外リスクへの警戒緩

ビジネス

マレーシア航空にエールフランスが49%取得提示、J

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月