最新記事

中国

中国・遺伝子操作ベビーの誕生から1年、博士は行方不明、双子の健康状態も不明

2019年12月2日(月)17時15分
松岡由希子

あれから1年、賀博士は行方不明...... The He Lab-YouTube

<「遺伝子操作ベビーの誕生」が中国内外からただちに厳しい批判を浴びてから1年になる。しかし、謎は残されたままだ......>

中国の賀建奎(ホー・チエンコイ)博士が、2018年11月25日、動画共有サービス「ユーチューブ」で「ゲノム編集技術『CRISPR-Cas9』で遺伝子を改変した受精卵から双子の女児を誕生させた」と公表し、中国内外からただちに厳しい批判を浴びてから1年になる。しかし、「遺伝子操作ベビーの誕生」をとりまく謎は残されたままだ。

世界各国が非難し、中国政府も追随したが......

2018年11月29日には、米国、英国、日本など、8カ国14名の研究者によって、賀博士の研究や実験を非難する共同声明が出されている。

AP通信によると、中国政府は、11月29日、賀博士の研究活動の中止を命じた。中国科学技術部の徐南平副部長は、中国の国営放送「中国中央電視台(CCTV)」で「科学技術部は、遺伝子改変した受精卵から双子の女児を誕生させたことに強く反対する」との見解を示し、一連の研究活動は違法であり、容認できず、調査を命じたことを明らかにしている。さらに、国家衛生健康委員会では、2019年1月21日、「賀博士がヒトの胎児の遺伝子を改変したことは、関連規則に明らかに反する」との予備調査結果を発表した。

●参考記事
「遺伝子編集した双子の誕生に中国政府が援助していた」との報道

賀博士は軟禁状態? 双子の健康状態も不明

賀博士は2019年1月以来、姿を見せず、研究結果もまだ正式に学術雑誌で発表されていない。誕生した双子の健康状態も不明だ。

賀博士は、2019年の1月初旬、深圳市の南方科技大学のベランダで目撃されて以来、姿を見せていない。武装した警備員が構内に配置されていたため、自宅で軟禁状態にあるのではないかとみられている。南方科技大学は、賀博士が研究結果を公表した後、賀博士の職を解いている。

AP通信では、賀博士との接触を試みてきたものの、失敗に終わっている。賀博士の広報担当者であるライアン・ファレル氏はコメントを拒否しているが、以前「賀博士の妻から報酬を受け取っている」と語っており、賀博士は自らで報酬を支払うことができない状況に置かれている可能性がある。

中国政府は、賀博士が誕生させた双子の女児の存在を確認しているとみられ、遺伝子が改変された残りの受精卵や賀博士の実験記録もすでに掴んでいる。また、双子の女児と、遺伝子改変した受精卵により妊娠した2人目の女性は、中国政府の監視下にあるという。2019年の晩夏に誕生するとみられていた「3人目の赤ん坊」については、何ら明らかにされていない。

WHOは同様の研究や実験を一切許可しないよう求める

賀博士が「遺伝子操作ベビーの誕生」を公表して以来、このような研究や実験に対する規制や一時停止を求める声が相次いでいる。発表直後の2018年11月27日、中国の研究者グループが中国政府に規制の強化を求める共同声明を出しているほか、世界保健機構(WHO)は、2019年7月26日、各国政府に対し、同様の研究や実験を一切許可しないよう求める声明を発表した。

「CRISPR-Cas9」の第一人者でもある米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授は、学術雑誌「サイエンス」の寄稿記事において「もはや研究や実験の一時停止では十分でなく、規制を定める必要がある」と説いている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、大きな衝撃なければ近く利下げ 物価予想通り

ビジネス

英利下げ視野も時期は明言できず=中銀次期副総裁

ワールド

プーチン氏がイラン大統領と電話会談、全ての当事者に

ビジネス

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る 投資銀行業
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 6

    【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、…

  • 7

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 10

    「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中