最新記事

セレブ

私生活を見せないスター、キアヌ・リーブスについに春が来た?

Has Keanu Found “The One”?

2019年11月23日(土)14時30分
ラチェル・ハンプトン(スレート誌)

私生活を見せなかったキアヌがアーティストのアレクサンドラ・グラント(左)と手をつないで登場 STEVE GRANITZEーWIREIMAGE/GETTY IMAGE

<ハリウッドきっての好人物で実力者......リーブスの数十年ぶりの恋人報道に世間は騒然>

映画『ジョン・ウィック』シリーズで再びスターの座を不動のものにしたキアヌ・リーブス(55)。どうやら彼は、数十年ぶりに恋人の存在を認める気になったらしい。

11月初め、ロサンゼルス・カウンティー美術館(LACMA)で行われたLACMAアート+フィルム・ガラのレッドカーペットに、アーティストのアレクサンドラ・グラント(46)を伴って登場したのだ。約10年来の友人だったという2人の関係が公になると、ファンはたくさんの祝福を送り、ちょっぴり涙した。

1999年に娘を死産で失い、2001年にはその母親だった元恋人が事故死して以来、キアヌは私生活について口を閉ざしてきた。芸能ポッドキャスト「サースト・エイド・キット」の司会者ビム・アデウンミとニコール・パーキンズに、スレート誌ラチェル・ハンプトンが話を聞いた。

***


――今回のニュースを聞いたとき、最初にどう思った?

<パーキンズ>キアヌの名前をツイッターのトレンドワードで見つけ、正直ヒヤッとした。トラブルか事故か、と思ったから。で、長年のビジネスパートナーと手をつないだ画像にショックを受けたけど、だんだん祝福の気持ちになった。

<アデウンミ>私はロマンチストだから、好きなセレブの恋愛話は大歓迎。「やったね、キアヌ!」と思った。

――人気スターが交際を公表する多くの場合と比べて、なぜこんなに歓迎されたのか?

<パーキンズ>ハリウッドきっての「いい人」だから。ファンやスタッフから出入り業者にまで、親切で誠実に対応することで知られている。人気が出ると不都合な事実が暴露されるセレブは多いけど、キアヌには失望したことがない。

<アデウンミ>彼は品があって謙虚な善人。しかも相手は20代の若手とかではない。今の時代、これはかえって新鮮だ。

――彼が人前で恋人を見せたのは数十年ぶりだが。

<パーキンズ>真剣に思っているからだろう。彼はパパラッチや熱狂的なファンがどんなものか分かっている。それでもオープンにしたのは、パートナーがマスコミやファンに対処でき、2人の関係は揺るがないと考えたからだ。

<アデウンミ>キアヌは私生活を大事にする。出演作の宣伝が終わると、いつも姿を消してしまう。だから、手つなぎなんていう50年代風な愛情表現でも、公式の場でするのは彼にとって大きな意味がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月