最新記事

動物

頭と鼻を切られた牙なしスマトラゾウ 絶滅危惧種の密猟に警察も関与?

2019年11月21日(木)18時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

密猟の犠牲となったスマトラゾウの死因を調査する自然保護局関係者 BKSDA Riau via JakartaPost

<インドネシアのスマトラ島にしかいない象。密猟が後を絶たない理由とは>

インドネシア・スマトラ島のリアウ州のプランテーション内にあるジャングルで絶滅危惧種に指定されているスマトラゾウの死骸が発見された。死骸は頭部と鼻が切断され、象牙が現場から消えていたことから密猟者によって殺されたものとみて自然保護当局や地元警察は密猟者の捜索を始めた。

英字紙「ジャカルタ・ポスト」などが伝えたところによると、リアウ州・ベンカリス県にある「アララ・アバディ(AA)社」所有のプランテーションにあるユーカリの林で伐採作業中の作業員が18日午前、異臭が漂っていることに気が付いた。そして周囲の林を探したところ、ゾウ1頭の腐乱死体を発見したという。

作業員は伐採監督を通じてAA社にすぐに連絡し、同社は地元自然保護局にも連絡したというが、現地の携帯電話の電波状況がよくなく、同局に報告が届いたのは19日夕方になってしまったという。

その後現場に同局関係者、獣医、ゾウの専門家など11人が駆けつけてゾウの死骸の状況を詳しく調査、検死結果からゾウは死後約1週間が経過し、約40歳のオスであることなどが判明した。

死骸の頭部・鼻が切断、象牙は行方不明

ゾウの死骸はすでに腐敗が始まっており、頭部が切断され、さらに鼻も切られて胴体の約1メートル横に放置されていた。また象牙も切り取られて持ち去られたとみられ、現場付近から消えていたという。

リアウ州の自然保護局担当官は「象牙の密猟者によって殺された可能性が極めて高い」とみて地元警察と協力して密猟者の発見に全力を挙げる方針を示している。

インドネシアの闇市場では象牙は高額で取引され、マラッカ海峡などの海路を経て国外に持ち出す闇のルートが存在しているといわれ、一刻も早い密猟者の発見と象牙の回収が求められている。

ただ、過去に地元有力者や警察関係者が密猟や密輸出に関与していたケースもあり、密猟者の摘発と象牙の発見回収は実質的に困難との見方もでている。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏経済、今年は8─12%縮小へ=ECB総裁

ビジネス

フランス経済、第2四半期に20%縮小見通し=INS

ビジネス

日銀の2019年度決算、当期剰余金は1兆2952億

ビジネス

アングル:2次補正、1次上回る規模に増額 国会会期

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月