最新記事

ブレグジット

EU離脱「再々延期」で混迷イギリスは総選挙へ

2019年11月7日(木)17時50分
ジョシュア・キーティング

選挙戦では、スコットランド民族党、自由民主党、緑の党といったEU残留強硬派や、ナイジェル・ファラージュ党首率いるブレグジット党のような離脱強硬派の動向も気になる。今のところ保守党は世論調査で大きくリードしているが、短期間で情勢が変わる可能性もある。

保守党が選挙戦で勝利を収めれば、ジョンソンの離脱案の議会通過が可能になり、いよいよ離脱プロセスの完了が視野に入ってくる。

予想に反して労働党が勝利すれば、おそらく離脱の動きが再び遅れることになりそうだ。問題点を整理するのに6カ月はかかると、コービンは言った。それも楽観的な見方に思えるが、いずれにせよ新しいアプローチの下で前進を模索することになる。

そして選挙がどちらの勝利か判然としない場合は、少し前の袋小路に逆戻りする。これが最もありそうなシナリオだろう。それを考えると、今から気が重い。

©2019 The Slate Group

<本誌2019年11月12日号掲載>

【参考記事】市民19人の本音 ブレグジットを語る表情は明るかった
【参考記事】ブレグジットはなぜここまでこじれたのか? 「典型的な離脱支持者たち」はこう考える

20191112issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月12日号(11月6日発売)は「危ないIoT」特集。おもちゃがハッキングされる!? 室温調整器が盗聴される!? 自動車が暴走する!? ネットにつなげて外から操作できる便利なスマート家電。そのセキュリティーはここまで脆弱だった。

ニュース速報

ワールド

米が露国家主義団体をテロ組織に指定、白人至上主義系

ワールド

新型コロナ、中国本土の新規感染者が32人に減少 全

ワールド

新型コロナ、子どもの感染では20%が入院必要に=米

ワールド

米有力議員、新型コロナ対応に必要な輸入品巡りITC

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 8

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 9

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月