最新記事

米空軍

謎だらけのアメリカ空軍の無人宇宙機「X-37B」、約2年ぶりに軌道周回飛行から帰還

2019年10月31日(木)18時00分
松岡由希子

X-37Bは780日間に及んだミッションから地上に帰還-US Air Force

<米空軍の無人スペースプレーン「X-37B」が、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、ケネディ宇宙センターに無事帰還した......>

アメリカ空軍(USAF)の無人スペースプレーン「X-37B」は、2017年9月7日に米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からスペースXの打ち上げロケット「ファルコン9」で打ち上げられ、史上最長となる780日間の軌道周回飛行を終えて、2019年10月27日、フロリダ州ケネディ宇宙センターに無事帰還した。

再使用型スペースプレーンの重要性を実証?

「X-37B」のミッションは機密扱いであるため、偵察活動や宇宙兵器の実験に使われいるのではと憶測を呼んでいた。詳細は明らかにされていないが、小型衛星の輸送のほか、空軍研究所(USAF)の実験用電子機器や自励振動ヒートパイプ(OHP)技術の長期の宇宙環境下でのテストなどに用いられたとみられる。

「X-37B」は1999年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のプロジェクトとして開発がはじまり、その後、アメリカ空軍に移管された。

「X-37B」のミッションは2010年4月以降、これまでに5回行われている。アメリカ空軍のバーバラ・バネット長官は、このほどX-37Bが帰還したことを受けて「『X-37B』は再使用型スペースプレーンの重要性を実証し続けている。次々と続くミッションによって、米国の宇宙分野での能力が向上している」と成果を強調。

デビッド・ゴールドフィン参謀総長も「『X-37B』が軌道周回飛行の最長記録を更新した後、無事帰還したことは、政府と産業界との革新的な連携の賜物だ」と高く評価している。

高さ2.9メートル、長さ8.9メートル、翼幅4.5メートルの「X-37B」は、スペースシャトルを小型化したような形状をなしている。

100405-O-1234S-001.JPG

2010年4月に撮影された「X-37B」- US Air Force

2020年にも再び打ち上げ予定

「X-37B」の姿は、ミッション期間中、オランダでもとらえられている。オランダのアマチュア天体写真家ラルフ・ヴァンデヴェルグ氏は、6月30日と7月2日に「X-37B」とみられる物体を撮影することに成功した。

アメリカ空軍では、2020年にも再び「X-37B」を打ち上げ、第6回目のミッションを行う計画だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ワクチン特許放棄巡る問題、12月までの解決望む=W

ワールド

WHO、コロナ感染なお多い インド株「懸念される変

ビジネス

米雇用は堅調さ継続、緩和縮小の討議開始を希望=ダラ

ビジネス

米イラン間接協議、今後数週間がヤマ場=EU代表

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月