最新記事

ハロウィン

マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

McDonald's Removes 'Lynching' Halloween Decorations From Store

2019年10月30日(水)19時15分
イワン・パーマー

マクドナルドがなぜこんな物騒な絵を? Matt Reed/TWITTER

<あってはいけない図柄に苦情が寄せられ、店は装飾を取り外し謝罪した>

米北西部にあるマクドナルドの店が、ハロウィンの飾りに私刑(リンチ)のイメージが描かれているという苦情を受けて謝罪した。

マクドナルドのマサチューセッツ州ノースアンドーバー店は、装飾のなかにロープで木の枝に吊るされた人間のシルエットが描かれていて、すでに取り外したことを認めた。黒人差別の歴史を想起させる絵だからだ。

<参考記事>流行りものに弱い韓国に「ハロウィン」文化は根付いたか?
<参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

常連客のエリック・ポコックは、マクドナルドのような大企業の店が憎悪に満ちたこんな絵を堂々と貼り出したことに衝撃を受けたという。「物騒だし、無神経だ。こんなものが許されると思った人間がいるなんて信じられない」

この装飾が誰かから提供されたものか、それともこの店で働いている誰かが作ったものかはまだわかっていない。

20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!

ニュース速報

ビジネス

米ズーム、NY州などが情報提供求める 安全性巡る懸

ワールド

英政府、外出制限強化も 保健相が違反者に警告

ビジネス

米アマゾン、プライムデー延期か 多額損失の恐れ=幹

ワールド

独副首相、「信じ難い量」のマスク購入を表明=現地テ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4日現在)

  • 2

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月