最新記事

健康

比ドゥテルテ、難病告白 不安抱く国民に「年相応の病気持ち」と発表し火に油

2019年10月10日(木)19時22分
大塚智彦(PanAsiaNews)

確かにドゥテルテの片目はまぶたが下がって、心ここにあらずといった様子に見える REUTERS

<政治家にとって健康問題は命取り。難病の大統領は過密スケジュールに「俺を殺す気か」と漏らしたという>

フィリピンのドゥテルテ大統領が難病である「重症筋無力症」を患っていることを自ら告白して話題となっている。74歳になるドゥテルテ大統領はこれまでにも数々の健康不安説が流れ、自身も背中の痛みや内臓の不調、睡眠薬服用などの病気を明らかにするなど満身創痍の状態とされている。

大統領の任期は2022年まで残っていることから「任期途中の辞任」のうわさも出ているが「大統領の職務遂行には支障も心配もない」(大統領府)として国民の不安払しょくに懸命となっている。

ロシアを訪問中だったドゥテルテ大統領は10月5日、モスクワで行われたフィリピン人コミュニティーとの会合の席で自ら「筋力が弱くなって片方の目のまぶたがさがる症状が出ている。このため片方の目は一方より小さくて勝手に動く」と目の調子に関して話しはじめた。

そして大統領府が6日に発表したドゥテルテ大統領の発言記録などによると「これは神経の機能不全で重症筋無力症であり、祖父からの遺伝だ」と病名についても明らかにしたのだった。

フィリピンのマスコミは一斉にこの発言を伝え、「確かに片方の目のまぶたが重たそうに見える写真がある」などと伝えるとともに大統領の過去の健康上の問題や病気にまで言及した。

ABSCBNニュースはさらに「74歳という年齢を考えれば、大統領は年齢相応の病気を持っており、特段心配することではない」とするサルバドール・パネロ大統領府報道官のコメントを伝え、国民の間に健康不安説が広がることへの懸念を示した。

睡眠障害に食道逆流症など満身創痍

2016年の大統領就任以来、ドゥテルテ大統領には健康問題が実は常に付きまとっていた。
2017年には睡眠時に酸素供給装置を使用していることを明らかにし、さらに脊髄損傷の痛みを和らげる鎮痛剤の処方も明らかにした。

2018年には胃と腸の内視鏡検査の結果、胃食道逆流症と医師団から診断されたこともある。2019年には睡眠薬の常用的服用を告白したほか、目が見えなくなっていると報道されたこともある。

こうした報道などで「いつも眠たそうにしている」「目を閉じているようだ」などという指摘は大統領自身が今回自ら告白した「重症筋無力症」と関係した症状だったのではないかとみられている。

フィリピンのマスコミ報道などがフィリピン医師会の見解などとして伝えたところによると、「重症筋無力症」は「目や口、顔、手足の筋肉が正常に動かなくなる神経系の病気で話しにくくなったり、まぶたが重くなったりというような症状が出るが治療法は確立していない」という。

ちなみに日本の厚生労働省では「重症筋無力症」は「特定疾患に指定された神経筋系の難病」とされているという。


20191015issue_cover200.jpg ※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

ニュース速報

ワールド

ブラジルのボルソナロ大統領、新型コロナに感染

ワールド

米、コロナワクチン開発でノババックスに16億ドル提

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月