最新記事

性犯罪

性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

Landlord Accused of Offering Reduced Rents in Exchange for Sex

2019年9月11日(水)17時45分
イワン・パーマー

「家を借りたければやらせろ」というとんでもない大家がいたら Mike Blake-REUTERS

<女性賃借人の弱い立場に付け込んで性行為を迫り、断るとありとあらゆる嫌がらせをしてきた家主と性犯罪者>

米マサチューセッツ州の大家とその従業員が、女性の賃借人に対する性的嫌がらせで告発された。女性が誘いを拒むと設備の修理を拒否したり賃料を上げたりしたという。

訴状によると、大家のモーハン・プラシャドと従業員のデイビッド・ビソーは数年前から、プラシャドがウスターに所有するアパートに住む女性たちに性的嫌がらせを続けてきた。従業員のビソーは性犯罪の前科があり、州からも、再犯の恐れがもっとも高い「レベル3」の性犯罪者登録を受けている。

プラシャドは2009年ごろから現在にかけて、女性たちを相手に性的な誘いや発言を行い、女性たちの望まない性的接触及んだり、性的な行為と引き換えに家賃を下げると持ちかけたりしたとされる。部屋を外から監視したりもしたという。

<参考記事>「家賃はセックスで」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

地元のニュースサイト「マス・ライブ(Mass Live)」によれば、プラシャドは深夜、予告もなく女性の部屋を訪れ、性行為を拒絶されると、女性の部屋の暖房を切り、立ち退きを迫ったこともあった。

従業員のビソーに関する苦情を、プラシャドは無視した。ビソーは、レイプ、近親結婚または近親相姦、公然猥褻で有罪判決を受けた性犯罪者で、少なくとも5年前からプラシャドのもとで働いていた。

弱さに付け込む卑劣さ

訴状によれば、ビソーは女性たちに性的暴行や痴漢をはたらいた。そのために女性の部屋に侵入したり、予告なく訪問したりもした。ある女性に対して、自身の性器の写真や、裸の少女たちの写真を見せたこともあるという。

<参考記事>「インスリンと家賃が同じくらい高い」アメリカから、糖尿病患者がカナダに買い出しに行ったら!

またビソーに胸と尻をつかまれたある女性は、裁判所からビソーに対する一時的な接近禁止命令を得たが、その10日後には、プラシャドに立ち退きを通告されたという。

女性はのちに立ち退きに異議を申し立て、その訴えが認められたが、プラシャドはその後、女性の部屋の暖房修理を拒否した。

エリック・ドレイバンド副司法長官は、「社会で特に弱い立場の人々を標的にする下劣な行為は決して容認されていいものではない」と、言った。アンドリュー・E・レリング連邦検事は、こう付け加えている。「誰であれ、住まいと性的嫌がらせのどちらかを選ぶよう強要されることがあってはならない」

(翻訳:ガリレオ)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イラン外相、ダボス会議欠席 主催側の日程変更が理由

ワールド

政府、カジノなどIR基本方針の決定を先送りへ=関係

ワールド

米上院共和党トップ、大統領弾劾裁判のルール提案 審

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅に反落、手掛かり材料に乏し

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 6

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月