最新記事

性犯罪

性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

Landlord Accused of Offering Reduced Rents in Exchange for Sex

2019年9月11日(水)17時45分
イワン・パーマー

「家を借りたければやらせろ」というとんでもない大家がいたら Mike Blake-REUTERS

<女性賃借人の弱い立場に付け込んで性行為を迫り、断るとありとあらゆる嫌がらせをしてきた家主と性犯罪者>

米マサチューセッツ州の大家とその従業員が、女性の賃借人に対する性的嫌がらせで告発された。女性が誘いを拒むと設備の修理を拒否したり賃料を上げたりしたという。

訴状によると、大家のモーハン・プラシャドと従業員のデイビッド・ビソーは数年前から、プラシャドがウスターに所有するアパートに住む女性たちに性的嫌がらせを続けてきた。従業員のビソーは性犯罪の前科があり、州からも、再犯の恐れがもっとも高い「レベル3」の性犯罪者登録を受けている。

プラシャドは2009年ごろから現在にかけて、女性たちを相手に性的な誘いや発言を行い、女性たちの望まない性的接触及んだり、性的な行為と引き換えに家賃を下げると持ちかけたりしたとされる。部屋を外から監視したりもしたという。

<参考記事>「家賃はセックスで」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

地元のニュースサイト「マス・ライブ(Mass Live)」によれば、プラシャドは深夜、予告もなく女性の部屋を訪れ、性行為を拒絶されると、女性の部屋の暖房を切り、立ち退きを迫ったこともあった。

従業員のビソーに関する苦情を、プラシャドは無視した。ビソーは、レイプ、近親結婚または近親相姦、公然猥褻で有罪判決を受けた性犯罪者で、少なくとも5年前からプラシャドのもとで働いていた。

弱さに付け込む卑劣さ

訴状によれば、ビソーは女性たちに性的暴行や痴漢をはたらいた。そのために女性の部屋に侵入したり、予告なく訪問したりもした。ある女性に対して、自身の性器の写真や、裸の少女たちの写真を見せたこともあるという。

<参考記事>「インスリンと家賃が同じくらい高い」アメリカから、糖尿病患者がカナダに買い出しに行ったら!

またビソーに胸と尻をつかまれたある女性は、裁判所からビソーに対する一時的な接近禁止命令を得たが、その10日後には、プラシャドに立ち退きを通告されたという。

女性はのちに立ち退きに異議を申し立て、その訴えが認められたが、プラシャドはその後、女性の部屋の暖房修理を拒否した。

エリック・ドレイバンド副司法長官は、「社会で特に弱い立場の人々を標的にする下劣な行為は決して容認されていいものではない」と、言った。アンドリュー・E・レリング連邦検事は、こう付け加えている。「誰であれ、住まいと性的嫌がらせのどちらかを選ぶよう強要されることがあってはならない」

(翻訳:ガリレオ)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アリゾナ州の一部学区、17日から対面式授業再開 州

ワールド

北朝鮮の核関連施設、洪水で被害か=38ノース

ワールド

S&P、ベラルーシの格付け「下振れリスク高まる」 

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月