最新記事

インドネシア

野生動物の棲む静寂の森は喧騒の都市に インドネシア首都移転の波紋

2019年9月9日(月)16時34分

インドネシア政府が決めたボルネオへの首都移転は、現地で静かに生きる住民や希少動物たちに大きな影響を与える。写真は15歳になるオランウータン。ボルネオ・オランウータン生存財団が運営するリハビリテーション施設で暮らす。8月19日、東カリマンタンで撮影(2019年 ロイター/Willy Kurniawan)

目がくらむほどの太陽が容赦なく照りつける日中、イパーさんが暮らす木造住宅脇の道を、オートバイが砂埃を巻き上げて通りすぎていく。夜は石炭や椰子の実を積んだトラックが、闇を貫くライトの光束とともにときおり通過していく。

このインドネシアの片隅に位置するセンボジャは、ボルネオ島の森林に接した片田舎から、グローバル都市に生まれ変わろうとしている。2億6000万人という世界第4位の人口を抱えるインドネシアの新たな首都になるからだ。

シングルマザーのイパーさん(18)は、アイスティーと即席麺を売る自分の屋台で、この先どのような変化が起きるか気をもんでいる。

「カリマンタンの街は平和で安全だ」と、イパーさんは言う。多くのインドネシア人と同様、彼女は姓名の区別がない名前を使っている。

カリマンタンとは、ボルネオ島の中のインドネシア領のことを指す。

「首都は決して眠ることのない都市だ。あまりにも空気が悪いし、騒々しすぎる」

70年前に移転計画浮上

現在の首都ジャカルタは人口1000万人以上。過密で汚染のひどい巨大都市として知られている(地盤沈下も徐々に進んでいる)。インドネシア政府が官庁を東カリマンタン州の「森林都市」に移転させる理由の一部だ。

首都移転計画が最初に浮上したのは70年近く前。地震のリスクを避け、これまでジャワ島偏重だった政治の中心を列島中央部近くに移すことが狙いの1つだった。

首都移転を担当するバンバン・ブロジョネゴロ国家開発企画庁長官は、ジャカルタでロイターの取材に応じ、「5年以内に20万人から30万人が新たな首都に移る。人口は10年以内に100万人に達するかもしれない。その次は150万人だ」と語った。

その上で、「歯止めがきかない野放図な拡大にならないよう、新首都の成長を調整していく」と述べた。

同氏によれば、華やかなプレゼンテーションで示した移転費用330億ドルの新首都構想は、韓国ソウルの優れた管理、シンガポールの豊かな緑、米ワシントンの政経分離を意識したものだという。

新首都はジャカルタの北西約1300キロに位置する。

ロイターは予定地周辺を280キロ以上移動しながら取材した。バリクパパンとサマリンダという2つの都市の間、北プナジャム・パスール県とクタイ・カルタネガラ県にまたがる人口の少ない森林地帯だ。

ニュース速報

ワールド

米政権と民主党、コロナ追加対策で合意に近づく 大統

ビジネス

島忠へのTOB、計画通り進める=DCM

ビジネス

成田と仁川、ポーランド新空港のアドバイザーに名乗り

ビジネス

企業向け資金需要DI+14に急低下、予防的需要が一

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月