最新記事

アメリカ社会

宇宙人ハンター数万人襲来? 人口50人のUFO伝説の町に緊張走る

2019年8月27日(火)12時34分

ネバダ州の砂漠地帯にある小さな町レイチェルで、宇宙人をテーマにしたモーテルを共同所有するコニー・ウェストさんは、何があろうが彼らはやって来ると信じている。ネバダ州レイチェルの土産物店で16日撮影(2019年 ロイター/Rollo Ross)

ネバダ州の砂漠地帯にある小さな町レイチェルで、宇宙人をテーマにしたモーテルを共同所有するコニー・ウェストさんは、何があろうが彼らはやって来ると信じている。宇宙人ではなく、宇宙人ハンターたちだ。

この町に近い米軍基地「エリア51」に9月20日に集結して「乗りこめ」、と、UFO(未確認飛行物体)愛好家に呼び掛ける奇妙な招待状がフェイスブックに投稿されたのだ。

エリア51は長い間、宇宙人と宇宙船を収容しているとの噂の舞台となった場所だ。200万人を超える人がフェイスブックで「行く」と表明した。

ラスベガスから240キロメートルほど離れたレイチェルの町の約50人の住民は、この企画にどう対応すべきかで意見が割れている。

ガソリンスタンドも食料雑貨店もない町に群集が押し寄せれば大変なことになるとして、訪問しないよう厳しく呼びかける者もいれば、「エイリアンストック」と称する音楽祭で訪問者をもてなすのが一番、と考えるウェストさんのような人もいる。

ウェストさんはインタビューで「どう考えてもマイナスなことを、どうすればプラスに転換できるか頭をひねってる。抵抗するのは自由だけど、来るものは来るからね」と語った。

ウェストさんは、町でたった一つの商売であるモーテル兼レストランを母親と共同経営している。

フェイスブックに招待状が投稿されるやいなや、電話での問い合わせが殺到。9月20日には少なくとも3万人が来訪すると見積もったウェストさんは、十分な数の簡易トイレを注文しようと奔走し、8月中旬時点で30台を確保した。

エリア51は何十年も秘密のベールに覆われ、ニューメキシコ州ロズウェルで墜落した宇宙船の残骸と宇宙人の死体を収容しているとの陰謀説を呼んだ。

米政府は2013年まで同基地の存在を認めていなかったが、13年に公表した米中央情報局(CIA)の資料により、同基地が最高機密偵察機の試験に使われていることが判明した。

CIAの資料は小さな緑色の宇宙人や空飛ぶ円盤には全く言及していないが、憶測は消え去なかった。

レイチェルと周辺地域は長い間、UFO伝説の観光客誘致効果を歓迎してきた。この地域を貫く158キロの道路は「宇宙人ハイウェイ」と称され、UFO観測の名所となっている。

だがカリフォルニア州ベイカーズフィールド在住のマッティ・ロバーツと名乗る人物がフェイスブック上で、大挙してエリア51に突入し、「宇宙人を目撃しよう」と呼び掛けると、米空軍は警告を出した。

空軍はこの企画に関する質問に対し、声明で「軍の施設や訓練地域に不法に侵入しようとするのは危険だ」と指摘。

空軍は、この施設は戦闘機の試験と隊員の訓練用に使われていると説明している。施設の入り口には監視カメラがいくつも設置され、不法侵入を禁止する警告が掲示されている。

ニュース速報

ビジネス

対欧州FDI、19年発表事業の3分の1以上が延期ま

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ワールド

香港問題巡る米の対中措置、経済制裁など一連の選択肢

ワールド

G7開催へ適切に対応、米国の感染状況も注視=官房長

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月