最新記事

米ロ関係

プーチンへの擦り寄りをロシア国営放送にまで嘲笑されたトランプ

Trump's Praise of Putin Mocked On Russian TV With 'Señorita' Mash-Up

2019年8月30日(金)13時40分
ブレンダン・コール

今年6月に大阪で開催されたG20サミットに参加したトランプとプーチン Kevin Lamarque-REUTERS

<プーチンへの愛の歌をトランプが熱唱する合成動画を流して、G7での「ごますり」を紹介>

ドナルド・トランプ米大統領は、8月24~26日にフランスのビアリッツで開催されたG7サミット(主要7カ国首脳会議)で、次回サミットにロシアを復帰させたいとの考えを表明。今週放送されたロシアの報道番組は、こうしたウラジーミル・プーチン大統領にすりよるトランプを笑いのネタにした。

トランプは24日に開かれたサミットの夕食会でプーチンの会議への復帰に言及したが、ほかの国の首脳たちの反応は冷ややかなものだった。さらにトランプは26日の会見で、2020年に開催される次回のG7サミットにロシアを招待するつもりだと発言。「ロシアは、テントの外に出しておくよりも中に入れた方がいいと思うからだ」とその理由を語った。

ロシアの国営放送局、第一チャンネルの報道番組「60ミニッツ」は、ビアリッツでのサミットの詳細を伝えると共にトランプの心情についても取り上げ、ピアノを弾くプーチンの映像をベースにした合成動画を流した。

クリミア併合は「オバマの責任」と言及

動画はトランプの演説をうまくつなぎ合わせて、まるでカナダ出身のシンガー、ショーン・メンデスとキューバ生まれのシンガー・カミラ・カベロのコラボ曲「セニョリータ」を歌っているように編集されたもの。プーチンのピアノに合わせてトランプが「歌い」、「あなたが私をセニョリータ(お嬢さん)と呼んでくれるのが好き/あなたなんて必要ないふりができればいいのに」などの歌詞が字幕で表示される。スタジオのゲストたちは薄ら笑いを浮かべてそれを見ている。歌詞には、トランプが次回サミットの会場として提案している「マイアミ」も出てくる。

政府系メディアの同番組でのこの表現は、プーチンを口説こうとするトランプの姿勢が、ロシアでは「ごますり」と解釈されていることを示している。

番組に出演したパネリストたちは、トランプの会見映像を流しながら、その内容について議論した。トランプはこの会見の中で、ロシアが当時の「G8」から除外される原因となった、ロシアによるクリミア併合について、バラク・オバマ前米大統領にその責任があるという持論を述べた。

「オバマ大統領が(プーチン大統領に)出し抜かれたのだ。クリミアは、オバマ政権時代にロシアに併合された。あれはいいことではなかった。正しくやっていれば、阻止できたはずだ」とトランプは語った。

ニュース速報

ワールド

香港、マスクで大規模デモ 覆面禁止に抗議

ビジネス

金融緩和と財政政策などの政策ミックス、景気刺激に有

ビジネス

人民元は適切な水準、通商摩擦が世界経済のリスク=中

ワールド

トランプ米大統領、所有リゾートでのG7開催計画取り

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 3

    新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

  • 4

    「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

  • 10

    がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月