最新記事

LGBT

女子学生のレスビアン小説、大学当局が削除命令 多様性と寛容が消えゆくインドネシア

2019年8月16日(金)18時44分
大塚智彦(PanAsiaNews)

雑誌「USUの声」のウェブサイトに今も掲載しているレスビアン小説「彼女のそばに寄り添う私に誰もが反対した時」

<世界的にLBGTへの理解が拡がるなかにあって、イスラム教徒が圧倒的多数の国インドネシアではフィクションの題材にすることすら許容されなくなって──>

インドネシア・スマトラ島にある国立北スマトラ大学(USU)で、学生が発行する雑誌のウェブサイトに現役の女子学生が発表した小説に対し、大学当局が「大学生の作品としては不適当」として削除を求め、学生側が反発する騒動が起きている。

当局が「不適当」と判断したのは、小説がレスビアンという同性愛をテーマにしているからだという。

こうした大学当局の動きに対し学生側からは「表現の自由を侵すもの」「小説の世界にまで性的少数者への差別を持ち込むな」と強い反対論が巻き起こり、大学の枠を超えた社会論争にまで発展しようとしている。

USUの学生が編集・発行している雑誌「USUの声」のウェブサイトに、女子学生ヤエル・ステファニ・シナガさんが書いた短編小説「彼女のそばに寄り添う私に誰もが反対した時」が掲載されたのは2019年3月26日だった。

現地英字紙「ジャカルタ・ポスト」によると、その直後に大学当局が介入してヤエルさんの小説の削除を要求。これに対し「USUの声」編集部は断固反対の姿勢を示して抵抗を続けたため、大学側は学長名でウェブサイトの閉鎖と編集幹部も務めるヤエルさん以下18人の編集委員全員の退任を一方的に要求してきたという。

こうした大学当局の「弾圧」に対し、ヤエルさんらは大学の措置の撤回を求めてメダンの州行政裁判所に訴えを起こし、それが地元メディアなどに報じられた結果全国的な注目を集めるようになった。

8月14日に開かれた同裁判所の初公判で、大学当局側の弁護士は「訴訟は対象となる文書の発行日から90日以内に行われるべきとの規定に反しており、訴訟条件を満たしていない」として当該小説がアップされた3月26日から90日以上が経過した7月26日の提訴は認められないと主張して裁判の無効を訴える戦術を展開。表現の自由などの問題には踏み込まなかったと「USUの声」は伝えている。

大学側のウェブからの削除、編集幹部の退任などの要求にも関わらず裁判所での審理が続くことから「USUの声」のウェブサイトでは現在もヤエルさんの小説は公開されており、誰でも読むことが可能となっている。

小説は、事業に失敗した父と政府批判で当局に追われる身となったジャーナリストの母から祖父に預けられ、内向的に目立たないようと育てられた一人の女性が、大学でひとりの女子学生と出会い、仲良くなり、そして恋に落ちるという展開で進む。やがて相手の彼女が男性と結婚する際に、女性は式場の演壇で彼女に「結婚して」と愛を告白するものの、周囲の人から引きずり降ろされ、新しい服を破かれ、「百万の目が怒りで私を射抜き、冒涜の言葉が口角を飛ばして浴びせかけられた。愛する彼女でさえ私を見つめるだけだった」と悲劇的な結末で終わる──。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月