最新記事

ヘルス

おやじ体形は、実はセクシーでモテる

Men With "Dad Bods" Are Happier

2019年8月1日(木)17時45分
アレクサンダー・カサラ

俳優ジェイソン・モモアのうっすらと脂肪ののったおなかが話題に The Mega Agency/AFLO

<マッチョ俳優のたるんだおなかは批判されるが、現実には「おやじ体形」肯定論が着々と浸透中>

スーパーヒーロー映画『アクアマン』の主役を演じたジェイソン・モモアといえば、筋骨隆々の肉体が魅力。ところが最近、ビーチでくつろぐ姿をパパラッチされた彼に異変が......少しぽってりしたおなかだ。SNSではたちまち「腹筋はどこへ?」「ダッド・ボッド(おやじ体形)」などと揶揄するコメントが相次いだ。

でも、おやじ体形が悪口なのはもう昔の話かもしれない。米マーケティング会社ケルトン・グローバルはここ3年ほどフィットネスジムチェーンと合同で、18歳以上のアメリカ人2000人の体形に関する意識調査を実施。それによると、おやじ体形はセクシーで自信を感じさせる、と人々は捉え始めている。

今年の調査では、2300万人のアメリカ人男性がおやじ体形を自認し、そのうち71%は自分の体形は広く受け入れられていると考えている。米疾病対策センター(CDC)の数字はもっと多く、20~34歳のアメリカ人男性の32%、35~44歳の40%、45~54歳の41%は過体重。つまり約2800万人がおやじ体形ということになる。

セレブも脱マッチョ志向

おやじ体形の人は体を鍛えてはいるものの、付き合いや飲み食いなどでのカロリー摂取に目をつぶりがちで、結局は標準的おやじ体形にとどまっていると思われる。そして、そういう体形が女性にモテることもケルトン・グローバルの今年の調査は示している。実に62%の女性が、おやじ体形を魅力的どころかセクシーと感じているという。18年調査よりも10%高い数字だ。

こうした見方は男性側にも、自尊心の高まりという好影響を与えているようだ。自分はおやじ体形と答えた人のうち48%は、体形のおかげで自分を受け入れられるようになったと答え、47%は他人の目を気にしなくなったという。さらに男性と女性の78%が、おやじ体形はありのままの自分に満足している証しだと考えているという。

ニュース速報

ビジネス

トランプ政権「5月にも経済再開の可能性」 FRB議

ワールド

米大統領、ロシア大統領とサウジ国王と会談

ビジネス

OPECプラス減産合意、原油安に歯止めかけるには不

ビジネス

EU財務相、約5000億ユーロの新型コロナ対策で合

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 6

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 7

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月