最新記事

ヘルス

おやじ体形は、実はセクシーでモテる

Men With "Dad Bods" Are Happier

2019年8月1日(木)17時45分
アレクサンダー・カサラ

俳優ジェイソン・モモアのうっすらと脂肪ののったおなかが話題に The Mega Agency/AFLO

<マッチョ俳優のたるんだおなかは批判されるが、現実には「おやじ体形」肯定論が着々と浸透中>

スーパーヒーロー映画『アクアマン』の主役を演じたジェイソン・モモアといえば、筋骨隆々の肉体が魅力。ところが最近、ビーチでくつろぐ姿をパパラッチされた彼に異変が......少しぽってりしたおなかだ。SNSではたちまち「腹筋はどこへ?」「ダッド・ボッド(おやじ体形)」などと揶揄するコメントが相次いだ。

でも、おやじ体形が悪口なのはもう昔の話かもしれない。米マーケティング会社ケルトン・グローバルはここ3年ほどフィットネスジムチェーンと合同で、18歳以上のアメリカ人2000人の体形に関する意識調査を実施。それによると、おやじ体形はセクシーで自信を感じさせる、と人々は捉え始めている。

今年の調査では、2300万人のアメリカ人男性がおやじ体形を自認し、そのうち71%は自分の体形は広く受け入れられていると考えている。米疾病対策センター(CDC)の数字はもっと多く、20~34歳のアメリカ人男性の32%、35~44歳の40%、45~54歳の41%は過体重。つまり約2800万人がおやじ体形ということになる。

セレブも脱マッチョ志向

おやじ体形の人は体を鍛えてはいるものの、付き合いや飲み食いなどでのカロリー摂取に目をつぶりがちで、結局は標準的おやじ体形にとどまっていると思われる。そして、そういう体形が女性にモテることもケルトン・グローバルの今年の調査は示している。実に62%の女性が、おやじ体形を魅力的どころかセクシーと感じているという。18年調査よりも10%高い数字だ。

こうした見方は男性側にも、自尊心の高まりという好影響を与えているようだ。自分はおやじ体形と答えた人のうち48%は、体形のおかげで自分を受け入れられるようになったと答え、47%は他人の目を気にしなくなったという。さらに男性と女性の78%が、おやじ体形はありのままの自分に満足している証しだと考えているという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の国内暫定集

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月