最新記事

ヘルス

おやじ体形は、実はセクシーでモテる

Men With "Dad Bods" Are Happier

2019年8月1日(木)17時45分
アレクサンダー・カサラ

俳優ジェイソン・モモアのうっすらと脂肪ののったおなかが話題に The Mega Agency/AFLO

<マッチョ俳優のたるんだおなかは批判されるが、現実には「おやじ体形」肯定論が着々と浸透中>

スーパーヒーロー映画『アクアマン』の主役を演じたジェイソン・モモアといえば、筋骨隆々の肉体が魅力。ところが最近、ビーチでくつろぐ姿をパパラッチされた彼に異変が......少しぽってりしたおなかだ。SNSではたちまち「腹筋はどこへ?」「ダッド・ボッド(おやじ体形)」などと揶揄するコメントが相次いだ。

でも、おやじ体形が悪口なのはもう昔の話かもしれない。米マーケティング会社ケルトン・グローバルはここ3年ほどフィットネスジムチェーンと合同で、18歳以上のアメリカ人2000人の体形に関する意識調査を実施。それによると、おやじ体形はセクシーで自信を感じさせる、と人々は捉え始めている。

今年の調査では、2300万人のアメリカ人男性がおやじ体形を自認し、そのうち71%は自分の体形は広く受け入れられていると考えている。米疾病対策センター(CDC)の数字はもっと多く、20~34歳のアメリカ人男性の32%、35~44歳の40%、45~54歳の41%は過体重。つまり約2800万人がおやじ体形ということになる。

セレブも脱マッチョ志向

おやじ体形の人は体を鍛えてはいるものの、付き合いや飲み食いなどでのカロリー摂取に目をつぶりがちで、結局は標準的おやじ体形にとどまっていると思われる。そして、そういう体形が女性にモテることもケルトン・グローバルの今年の調査は示している。実に62%の女性が、おやじ体形を魅力的どころかセクシーと感じているという。18年調査よりも10%高い数字だ。

こうした見方は男性側にも、自尊心の高まりという好影響を与えているようだ。自分はおやじ体形と答えた人のうち48%は、体形のおかげで自分を受け入れられるようになったと答え、47%は他人の目を気にしなくなったという。さらに男性と女性の78%が、おやじ体形はありのままの自分に満足している証しだと考えているという。

ニュース速報

ビジネス

アングル:米ハイテク株軟化、押し目買いの機会かさら

ビジネス

ドル3カ月半ぶり高値、米債利回り上昇で=NY外為

ビジネス

米ダウが上昇、追加経済対策法案の最終採決控え

ワールド

米最高裁、トランプ氏側の訴え退け ウィスコンシン州

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月