最新記事

ロボット

サササッと機敏、踏まれてもOK、ゴキブリを模倣した小型ロボットが開発される

2019年8月7日(水)18時00分
松岡由希子

踏まれても大丈夫...... Stephen McNally/UC Berkeley

<カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した......>

ゴキブリは、硬くて丈夫な表皮に覆われており、発達した脚によって速く走れ、扁平な形状ゆえ狭い場所に潜みやすい。このようなゴキブリの特徴を模倣した小型ロボットが開発された。

速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボット

米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、2019年7月31日、学術雑誌「サイエンス・ロボティックス」において、「ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した」との研究論文を発表した。

このロボットは、長さ3センチ、幅1.5センチの長方形で、重さはわずか0.064グラム。1秒間に体長の20倍の距離を移動する。この速度は、ゴキブリの移動速度と同等で、昆虫サイズのソフトロボットとしては史上最速だ。傾斜を上ったり、自重の6倍の重さのものを運んだりでき、自重のおよそ100万倍に相当する59.5キロの成人に踏まれても壊れなかった。

Cockroach-robot1.gif

Stephen McNally/UC Berkeley

災害時、救助隊員や救助犬が立ち入れない場所に

小型ロボットは、地震などの災害時、救助隊員や災害救助犬が立ち入ることのできない場所に導入できることから、捜索活動にも役立つと期待が寄せられている。そのためには機敏かつ丈夫であることが必要だが、従来の小型ロボットは、脆弱なものがほとんどであった。

このロボットには、ポリビニリデンフルオリド(PVDF)と呼ばれる圧電材料を採用。圧電材料は、電圧を印加すると伸縮するという特性を有している。研究チームは、ポリビニリデンフルオリドを弾性ポリマーの層で覆い、ロボット全体が曲がるようにしたうえで、前方に脚を付けた。電界によってポリビニリデンフルオリドが伸縮すると、振動によって跳躍運動で前方に移動する仕組みだ。

このロボットは、試作段階では、電圧をかけるための細い針金でつながっているが、研究チームでは、このロボットが独立して駆動できるよう、バッテリーを装着させる試みにも着手している。また、ガスセンサーを実装するなど、実用化に向けた実験にも取り組んでいく方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月