最新記事

ロボット

サササッと機敏、踏まれてもOK、ゴキブリを模倣した小型ロボットが開発される

2019年8月7日(水)18時00分
松岡由希子

踏まれても大丈夫...... Stephen McNally/UC Berkeley

<カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した......>

ゴキブリは、硬くて丈夫な表皮に覆われており、発達した脚によって速く走れ、扁平な形状ゆえ狭い場所に潜みやすい。このようなゴキブリの特徴を模倣した小型ロボットが開発された。

速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボット

米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、2019年7月31日、学術雑誌「サイエンス・ロボティックス」において、「ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した」との研究論文を発表した。

このロボットは、長さ3センチ、幅1.5センチの長方形で、重さはわずか0.064グラム。1秒間に体長の20倍の距離を移動する。この速度は、ゴキブリの移動速度と同等で、昆虫サイズのソフトロボットとしては史上最速だ。傾斜を上ったり、自重の6倍の重さのものを運んだりでき、自重のおよそ100万倍に相当する59.5キロの成人に踏まれても壊れなかった。

Cockroach-robot1.gif

Stephen McNally/UC Berkeley

災害時、救助隊員や救助犬が立ち入れない場所に

小型ロボットは、地震などの災害時、救助隊員や災害救助犬が立ち入ることのできない場所に導入できることから、捜索活動にも役立つと期待が寄せられている。そのためには機敏かつ丈夫であることが必要だが、従来の小型ロボットは、脆弱なものがほとんどであった。

このロボットには、ポリビニリデンフルオリド(PVDF)と呼ばれる圧電材料を採用。圧電材料は、電圧を印加すると伸縮するという特性を有している。研究チームは、ポリビニリデンフルオリドを弾性ポリマーの層で覆い、ロボット全体が曲がるようにしたうえで、前方に脚を付けた。電界によってポリビニリデンフルオリドが伸縮すると、振動によって跳躍運動で前方に移動する仕組みだ。

このロボットは、試作段階では、電圧をかけるための細い針金でつながっているが、研究チームでは、このロボットが独立して駆動できるよう、バッテリーを装着させる試みにも着手している。また、ガスセンサーを実装するなど、実用化に向けた実験にも取り組んでいく方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米中、首脳会談巡り協議せず 国務副長官が王外相と会

ビジネス

米、現時点で渡航制限解除せず デルタ感染状況踏まえ

ビジネス

英中銀、向こう数四半期は刺激策縮小すべきでない=ブ

ワールド

シンガポール、隔離なし渡航9月開始を検討 8月に行

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月