最新記事

事件

ブラのストラップで奇跡的に一命を取りとめた女性──NY銃乱射事件

2019年8月2日(金)16時30分
安部かすみ

ブラで一命を取りとめた女性 PIX II-YouTube

<7月27日にはニューヨークで、28日にはロサンゼルスで、銃乱射事件が相次いで起きている。ニューヨークでは、ブラで一命を取りとめた女性が話題になっている......>

ニューヨーク・ブルックリン区で、7月27日午後11時前、何者かが銃を乱射し、男性1人が死亡した。事件が起きたのは、同区ブラウンズヴィル地区という、市内でもいまだ犯罪率の高いエリアだった。

夏季に屋外で頻繁に開催されている「ブロックパーティー」という、日本の縁日のようなイベントが行われていた市民公園で、土曜日の夜ということもあり、家族づれなど2,000~3,000人が集まって、食事や芝居などを楽しんでいた。また警官は100人体制で、警備が敷かれている中での出来事だった。2人の犯人がそれぞれ1つずつ拳銃を所持し、事件から1週間以上経過した今も、未だ犯人は見つかっていない。

殺されたのはギャングメンバーだった

報道によると搬送先の病院で死亡が確認されたのは、ギャンググループ「Bloods」のメンバーで、2009年にも銃で撃たれたことがあるがそのときは一命を取りとめたという。また過去に26回の逮捕歴があり。武器の不法所持で3年間服役し、今年1月に刑務所から出てきたばかりだった。

ブラで一命を取りとめた女性被害者

被弾したのはペイガンさんを含む、21歳から 55歳までの男性7人、女性5人、計12人だった。女性被害者の1人、ダニエサ・マードゥさんは地元メディアで驚くべき証言をし、話題になっている。

軽傷で済んだマードゥさんだが、その理由は、なんとブラジャーのストラップだった。「救急隊員によると、私に当たった弾がブラのストラップにひっかかった状態だったそう。あぁ神様、ストラップの厚みのおかげで銃弾が背骨まで到達しなかったなんて」と、マードゥさんはコメントしている。

カリフォルニアでも銃乱射事件が

アメリカではこの銃撃事件の翌日、カリフォルニア・ギルロイ市で行われていたフードフェスティバルでも、銃乱射事件が発生した。サンティノ・ウィリアム・レガン容疑者が銃を乱射し、子ども2人を含む3人が死亡、15人が負傷した。同容疑者はその場で射殺された。

Gilroy Garlic Festival shooting-ABC News

ニューヨークの事件はギャング絡みの抗争だったようだが、カリフォルニアの事件は無差別殺人のようだ。どちらにせよ銃を使った事件が後を絶たず、人々から深いため息が聞こえている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月