最新記事

SNS

犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めたマグショット

2019年8月13日(火)17時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Mark 1333-YouTubeより

<指名手配中の男の写真を公開したら、想定外のトラブルが発生。SNSだからと言って何でも許されるわけではないことを警察が注意>

イギリス・ウェールズのグウェント警察によって公開されたのは、指名手配中の麻薬密売人ジャーメイン・テイラー(21)の写真。警察としては、テイラーの行方を知る手掛かりを募るための写真公開だったが、この目論見が思わぬトラブルを起こしてしまう。

テイラーの写真がフェイスブックに投稿されると、その容姿を野次るコメントが瞬く間に届いた。英BBCによると、 8月7日以降、その数およそ9万件。内容は主に彼のヘアスタイルをなじるようなジョークだったという。(投稿は現在は確認できない)

警察がSNSユーザーに警告

8月12日、グウェント警察は、「テイラーの特定に協力してくれたすべての人に本当に感謝しています」と、情報提供に感謝するコメントを発表した。テイラーの身元特定には未だ至っていないようだが、投稿のシェア数は想像以上のものだった。

しかし、これだけでは終わらない。テイラーのマグショットに寄せられたコメントについて言及された。

「(テイラーのマグショットについての)複数のコメントで私たちが笑ってしまったことは認めなければならない。しかし、可笑しいことと虐待的なことの境界線を越えたとき、警察はソーシャルメディア(SNS)に書き込まれた内容について警告しなければならない」(英BBC

「私たちのアドバイスは、SNSでのコミュニケーションだとしても他と同じように注意を払うこと。SNS上で非常に不快、またはわいせつで脅威的な発言をすると、警察に調査される可能性がある」と英ガーディアンも警察の話を伝えている。

日本でもSNSに寄せられる過激な投稿は度々問題になる。オンラインで顔が見えないからと言って、度を超えた嫌がらせ、脅迫等が許されていい訳はない。

【参考記事】連続不法侵入犯のパグが遂に捕まる 保釈金はクッキーでご勘弁!?
【参考記事】浮いたかつらの中身はコカイン 悪目立ちした男が逮捕される

ニュース速報

ワールド

5Gでコロナ拡大とのうわさ、英政府が否定

ワールド

ジョンソン英首相が入院、新型コロナの症状継続で検査

ワールド

伊、新型コロナ死者の増加ペース鈍化 第2段階の対策

ビジネス

トランプ米大統領、現在の原油価格続けば「大きな関税

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4日現在)

  • 2

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月