最新記事

麻薬密輸

浮いたかつらの中身はコカイン 悪目立ちした男が逮捕される

2019年7月17日(水)08時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

公開された男のマグショット Spanish National Police-REUTERS

<不自然なかつらと挙動不審な様子で怪しまれないとでも思ったのか......>

スペインのバルセロナにあるエル・プラット国際空港で不審な男に視線が集まった。英紙イブニング・スタンダードによると、コロンビア国籍のこの男はボゴダ発のフライトで、バルセロナに到着。入国審査で、いささか緊張した面持ちだったという。

しかし何よりも目を引いたのは、男の頭部。不自然に膨らんだかつらを装着しており、これを不審に思った警察は職務質問を行った。

警察が男にかつらを外すよう指示すると、観念した男の頭にはしっかりと封をされた包みがテープで固定されていた。髪の毛以上の存在感を放つ包みの中身はコカインだった。地元警察が16日に発表した情報によると、コカインの量は503グラムで末端価格は33万ドル(約360万円)に相当。 「麻薬密売人たちの創意工夫は尽きない」とコメントした。

【参考記事】イギリスの川のヨコエビからコカインが検出されて衝撃を与えている

かつら作戦は過去にも

密輸業者がかつらを利用したケースはこれが初めてではない。英ガーディアンによると、2014年にスペインの空の玄関口であるマドリッド・バラハス国際空港で900グラムのコカインをかつらに縫い付けていた女が逮捕された。このほか、1.7キログラムの麻薬の包みを乳房に埋め込んで密輸を図ったケースも報告されている。

スペインはEUで6番目に大きなコカイン消費国とされており、昨年バルセロナのエル・プラット空港で押収されたコカインは100キロを超える。大麻(マリファナ)の消費も多く、フランス、イタリア、チェコに次ぐ第4位の消費国。

【参考記事】ハゲに朗報!合成ビャクダンを頭皮に「嗅がせて」発毛促進:英研究
【参考記事】「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘアの真実

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、現状では支持できず=北アイルラン

ビジネス

日経平均は小反落、薄商いで方向感に欠ける展開

ワールド

欧州都市部の大気汚染で2016年に40万人が早死に

ビジネス

ドル108円後半、ユーロ/円が2カ月半ぶり高値

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月