最新記事

中東

トランプの新たな対イラン防衛戦略、欧州、湾岸諸国とも相手にせず?

2019年7月1日(月)16時00分
ララ・セリグマン

アラブ首長国連邦を訪問して協力を求めたポンペオ米国務長官(6月24日) JACQUELYN MARTINーPOOLーREUTERS

<イラン近海を航行する船舶の護衛に欧州やアジア、湾岸諸国を巻き込みたいが>

イラン情勢をめぐり緊張が高まるなか、ポンペオ米国務長官は6月下旬、湾岸諸国を訪問して新たな防衛計画「センチネル」への協力を要請した。中東や欧州、アジアの同盟国と連携し、ホルムズ海峡を含む湾岸地域の海運の要所を航行する船舶の安全性を高めるための戦略だ。

しかし専門家の間では、同盟国から十分な協力を得られるのか懐疑的な声が広がっている。「欧州諸国が一部の負担を担うだろうが、主にアメリカ中心の取り組みに終わるだろう」と、米ランド研究所のアナリスト、ベッカ・ワッサーは言う。計画が実施されれば、湾岸諸国とイランの間に衝突が起きた場合に米軍が戦闘に引きずり込まれるリスクが高まるとの指摘もある。

詳細は不明だが、この計画ではイランの脅威に備え、ホルムズ海峡を航行する船舶に監視カメラなどの機材が提供される見込みだ。また艦艇による護衛が付くケースもあるとみられる。

ただし、カメラの提供や船舶の護衛をどの国が担うかは明らかでない。センチネル計画はイランの攻撃的な姿勢に対抗する「象徴的」な対応の意味合いが強いと、米ブルッキングス研究所のスーザン・マロニーは言う。イランのタンカー攻撃などを「抑止して状況を一変させる」ほどの力はないが、米軍の軍事攻撃よりは「ずっとましだ」。

もっとも、テロの脅威から商業船舶を守る国際的な枠組みは既に存在する。米、豪、カナダ、韓国、欧州諸国などからなる多国籍海上部隊CTF150は、ホルムズ海峡、バベルマンデブ海峡、スエズ運河などの海域を通過する計2700万バレル相当の石油タンカーを監視している。

さらに、アメリカや湾岸諸国が中心となる多国籍海上部隊CTF152もペルシャ湾の監視を担っている。

イラク戦争の再現を期待

湾岸諸国の護衛能力についても疑問がある。アラブ首長国連邦やサウジアラビアをはじめとする湾岸諸国の多くでは海軍の能力が「非常に低い」と、ワッサーは言う。「センチネル計画において大きな役割を果たすことは期待できない」

そうなると、アメリカはCTF150に参加している欧州諸国に協力を求めるだろう。しかし、イランとの核合意を破棄したトランプ政権の対イラン政策に欧州諸国が積極的に協力する可能性は低い。

アメリカとイランの対立激化を受けて、イランと貿易関係を持つ欧州やアジアの大半の国々は既に微妙な舵取りを迫られている。そうした国がセンチネル計画の護衛活動に加われば、イランから「潜在的な敵国」と見なされかねない。

ニュース速報

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

ワールド

米州兵150人超がコロナ感染、バイデン大統領就任式

ワールド

WHO、ファイザー製ワクチン調達合意 2月に低所得

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    トランプロスの共和党重鎮、「彼には共和党の指導者…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月