最新記事

NBA

八村塁を指名したNBAウィザーズは2番目に希望が持てないチーム

2019年7月25日(木)16時00分
坂和敏

サマーリーグに出場する八村塁選手 Mark J. Rebilas-USA TODAY Sports-Reuters

<八村塁選手の今後の成長や活躍にとってひじょうに重要なワシントン・ウィザーズの現状と環境を見てみたい......>

八村塁選手が、NBAドラフトで9位指名されたことは、大きな話題となったが、八村選手を迎えるワシントン・ウィザーズというチームやリーグ全体の状況など、コート上以外の動向や状況については、あまり情報が出ていないようだ。そこで、八村選手の今後の成長や活躍にとってひじょうに重要なワシントン・ウィザーズの現状と環境を見てみたい。

「30チーム中2番目に希望が持てないチーム」

The Ringerというスポーツやエンターテイメントの話題を扱うサイトの主催者ビル・シモンズは、NBAに関して今「一番の見巧者」だ。そのシモンズが、最近のポッドキャストで「どのチームがいちばんひどい状況か?」という話題で、ウィザーズを2番目に挙げた。ちなみにもっとも希望が持てないのは、あのマイケル・ジョーダンがオーナーのシャーロット・ホーネッツで、これはひとえにジョーダンの「経営責任者としての才覚」のなさが原因と考えられる......。

ウィザーズが2番目に挙げられていたのは「今後どんなチームにしていくつもりか?」という球団としてのチームづくりの方向性が見えないことが理由だった。

「現状のチームの補強では、優勝を狙うチームあるいはプレイオフでカンファレンス・ファイナルまで進めるチームにするのは無理」、そうとわかったら商品価値のある選手からさっさと放出して、代わりに獲得したドラフト指名権を溜め込んで将来に備える。そして、シーズンの成績が下位のチームほど翌年のドラフトでは高い順位の指名権を獲得できる確率が上がるため、選手を経験の浅い若手を中心にしてわざと負ける......。「タンキング」と呼ばれるこうした戦略を採って新規まき直しを図るチームがここ数年増えてきている。

ウィザーズもそうしたチームの解体を行っているところで、一方ではジョン・ウォールという超高級取りの元スーパースターとの契約が残っていて、これが再建の足枷となっている──ウォールとの契約は、4年間・総額1億7100万ドル、という内容で、サラリーキャップという各チームに与えられた使えるサラリーの総枠のだいたい35%くらいに相当する。

ウォールとの契約が残り続ける限り、ウィザーズはチーム再建にあたって打てる選択肢も限られる。またこの契約は選手の実力と金額が釣り合わないバッド・ディールの典型で、そんなウォールをトレードで引き取ろうというチームもほかに見当たらない。またもう一人のオールスター級選手であるブラッドリー・ビールも来年夏にはフリーエージェントになるので、いまのままではどこか優勝を狙える他チームに移る可能性が高いと見られている。

なお、ウォールとの契約更新を一年ほど前に決めながら、その後他の主要メンバーを次々と手放すというチグハグな動きに出たゼネラルマネージャーのアーニー・グランフェルドはその責任を問われてか、4月初めに解任された。長年のウィザーズファンであるアンドリュー・シャープ=SI.comライターなどはこの解任で大喜び。そういうGMをなんだかんだと20年近くも使い続けてきたオーナー、テッド・レオンシスの才覚も今後さらに問われるようになるかもしれない。

ニュース速報

ビジネス

5月のユニクロ国内既存店売上高は前年比18.1%減

ワールド

香港長官、国家安全法巡る海外の反応批判 3日に北京

ビジネス

韓国、WTO紛争処理手続きを再開へ 日本の輸出管理

ビジネス

英住宅価格、5月は09年以来の大幅低下=ネーション

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月