最新記事

NBA

八村塁を指名したNBAウィザーズは2番目に希望が持てないチーム

2019年7月25日(木)16時00分
坂和敏

サマーリーグに出場する八村塁選手 Mark J. Rebilas-USA TODAY Sports-Reuters

<八村塁選手の今後の成長や活躍にとってひじょうに重要なワシントン・ウィザーズの現状と環境を見てみたい......>

八村塁選手が、NBAドラフトで9位指名されたことは、大きな話題となったが、八村選手を迎えるワシントン・ウィザーズというチームやリーグ全体の状況など、コート上以外の動向や状況については、あまり情報が出ていないようだ。そこで、八村選手の今後の成長や活躍にとってひじょうに重要なワシントン・ウィザーズの現状と環境を見てみたい。

「30チーム中2番目に希望が持てないチーム」

The Ringerというスポーツやエンターテイメントの話題を扱うサイトの主催者ビル・シモンズは、NBAに関して今「一番の見巧者」だ。そのシモンズが、最近のポッドキャストで「どのチームがいちばんひどい状況か?」という話題で、ウィザーズを2番目に挙げた。ちなみにもっとも希望が持てないのは、あのマイケル・ジョーダンがオーナーのシャーロット・ホーネッツで、これはひとえにジョーダンの「経営責任者としての才覚」のなさが原因と考えられる......。

ウィザーズが2番目に挙げられていたのは「今後どんなチームにしていくつもりか?」という球団としてのチームづくりの方向性が見えないことが理由だった。

「現状のチームの補強では、優勝を狙うチームあるいはプレイオフでカンファレンス・ファイナルまで進めるチームにするのは無理」、そうとわかったら商品価値のある選手からさっさと放出して、代わりに獲得したドラフト指名権を溜め込んで将来に備える。そして、シーズンの成績が下位のチームほど翌年のドラフトでは高い順位の指名権を獲得できる確率が上がるため、選手を経験の浅い若手を中心にしてわざと負ける......。「タンキング」と呼ばれるこうした戦略を採って新規まき直しを図るチームがここ数年増えてきている。

ウィザーズもそうしたチームの解体を行っているところで、一方ではジョン・ウォールという超高級取りの元スーパースターとの契約が残っていて、これが再建の足枷となっている──ウォールとの契約は、4年間・総額1億7100万ドル、という内容で、サラリーキャップという各チームに与えられた使えるサラリーの総枠のだいたい35%くらいに相当する。

ウォールとの契約が残り続ける限り、ウィザーズはチーム再建にあたって打てる選択肢も限られる。またこの契約は選手の実力と金額が釣り合わないバッド・ディールの典型で、そんなウォールをトレードで引き取ろうというチームもほかに見当たらない。またもう一人のオールスター級選手であるブラッドリー・ビールも来年夏にはフリーエージェントになるので、いまのままではどこか優勝を狙える他チームに移る可能性が高いと見られている。

なお、ウォールとの契約更新を一年ほど前に決めながら、その後他の主要メンバーを次々と手放すというチグハグな動きに出たゼネラルマネージャーのアーニー・グランフェルドはその責任を問われてか、4月初めに解任された。長年のウィザーズファンであるアンドリュー・シャープ=SI.comライターなどはこの解任で大喜び。そういうGMをなんだかんだと20年近くも使い続けてきたオーナー、テッド・レオンシスの才覚も今後さらに問われるようになるかもしれない。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月