最新記事

トランプ

トランプの独裁者贔屓は要警戒レベル

Trump’s Dictator Envy Isn’t Funny Anymore

2019年7月1日(月)19時30分
フレッド・カプラン

トランプの呼び掛けで実現した米朝会談は、ロマンチックなミュージカルのようだった(6月30日、板門店) Kevin Lamarque-REUTERS

<G20でも板門店でも、仲良く写真に並ぶのは強権的な首脳か独裁者ばかり。もうトランプの恥ずかしい言動を笑っているだけではすまされない>

先週、大阪で開催された主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でドナルド・トランプ米大統領がやらかしたいくつもの愚かしい言動を思うと、1つ1つあげつらいたくもなる。

例えばフィナンシャル・タイムズのインタビューでロシアのウラジーミル・プーチン大統領が「時代遅れ」と切って捨てた「西側のリベラリズム(自由主義)」の状況について問われ、明らかな勘違いから、「リベラル(進歩派)」が強いカリフォルニア州についてまくし立てた。

6月26~27日に行われた民主党の大統領候補を争うテレビ討論会では、バスで子供たちを遠くの学校まで通学させ、黒人と白人を一緒に学ばせて人種差別を解消しようとした1970年代の施策が重要なテーマとなった。この件について問われたトランプは、バスは一般的な通学の足だと答えた(ちなみに当時、この施策は今よりももっと大きな話題だったし、その頃トランプはすでにいい大人だった)。

要するに、今のアメリカ大統領は頭が良くない。アメリカの民主主義の基礎となった政治的な概念も分かっていない。歴史についてはほとんど何も知らず、悪いことにそのことに対する罪悪感がまったくない。どれも以前から分かっていたことではあるのだが。

<参考記事>トランプ=金正恩、南北非武装地帯で3度目の首脳会談 核問題めぐる協議再開で合意

「専制主義の枢軸」の仲間入り

今回のG20でトランプが見せたパフォーマンスで、前から薄々見えていた傾向が確かなものになってきてしまった。トランプは、アジア・タイムズ・オンラインのダニエル・スナイダーが言う「専制主義の枢軸」の仲間入りをしつつある。

トランプは政治的なイメージ操作の技術には長けている。だから彼が大阪で作り上げたイメージは検討するに値する。集合写真の撮影の場で 20カ国首脳の多くがポーズを取り、カメラに向けて手を振る中で、トランプはサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と並んで正面中央に陣取っていた。

かつて会談した際にトランプは皇太子のことを「友人」で「すばらしい同盟相手」で「アメリカ製品のいいお客」だと持ち上げた。アメリカ在住のジャーナリスト、ジャマル・カショギ殺害への皇太子の関与についても、「直接指摘する者は」いないと述べた。トランプ政権の情報機関のトップや国連の報告書ははっきりと、殺害は皇太子の指示だったと「指摘」しているのに。

ムハンマドと反対側の隣に立っていたのは、同じく強権で知られるトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領だ。

<参考記事>北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

ニュース速報

ビジネス

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

ワールド

焦点:英経済に「相当厳しい」新ブレグジット協定案

ビジネス

G20財務相、デジタル通貨の厳格規制で合意 深刻な

ワールド

トランプ氏、次期エネルギー長官にブルイエット副長官

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月