最新記事

動物

船に乗った? ホッキョクギツネがノルウェーからカナダまで3500キロ移動

2019年7月5日(金)17時40分
松岡由希子

GPS首輪を装着して衛星で追跡した Elise Stromseng/Norwegian Polar Institute

<ノルウェーの研究チームの調査で、ホッキョクギツネがノルウェーからカナダ最北部までの3500キロメートルの行程をわずか76日間で移動したことがわかった>

若い雌のホッキョクギツネがノルウェーのスヴァールバル諸島からカナダ最北部のエルズミア島までの3506キロメートルの行程をわずか76日間で移動したことがわかった。

GPS首輪をつけて、衛星で追跡した

ノルウェー極地研究所(NPI)とノルウェー自然研究所(NINA)との研究チームは、ホッキョクギツネがスヴァールバル諸島からエルズミア島まで移動した様子を衛星で追跡し、2019年6月24日、極域科学に関する学術雑誌「ポーラー・ジャーナル」でその追跡結果をまとめた研究論文を発表した。


研究チームは、2017年7月14日、スヴァールバル諸島で最大のスピッツベルゲン島の西海岸クロスフィヨルデンでホッキョクギツネにGPS首輪を装着し、その行動を衛星で追跡しはじめた。

ホッキョクギツネは2018年3月26日、スピッツベルゲン島を発ち、21日後の4月16日、1512キロメートル離れたグリーンランドに上陸した後、さらに移動を続けて6月6日にはグリーンランドを離れ、7月1日にエルズミア島で定住した。3月26日から7月1日までの76日間で移動した距離は3506キロメートル。

ホッキョクギツネがクロスフィヨルデンから移動しはじめた3月1日以降、スピッツベルゲン島の東海岸を離れる3月26日までの移動距離を加算すると、3月1日から7月1日までの4ヶ月で4415キロメートルを移動したことなる。これまでに記録されたホッキョクギツネの移動距離としては最長だ。

1日155キロ! 「船に乗った?」しかし、周辺に船はなかった

移動距離の長さだけでなく、移動速度にも注目が集まっている。ホッキョクギツネは、1日あたり平均46.3キロメートルのペースで、北極海の海氷を渡り、グリーンランドの氷河を超え、一時はグリーンランド北部の北緯84.7度の地点に到達し、やがてエルズミア島にたどり着いた。グリーンランド北部では、ホッキョクギツネの移動速度として史上最速の1日あたり155キロメートルで移動したこともわかっている。

研究論文の筆頭著者であるノルウェー極地研究所のエヴァ・フグリイ博士は、ノルウェー放送協会(NRK)の取材に対して「最初は信じていなかった。ホッキョクギツネが死んでしまい、船にのせられたのだろうと考えていたが、そのエリアに船はなかった。非常に驚いた」と追跡当時の様子を振り返っている。

温暖化で海氷消失したらどうなる......

3506キロメートルにわたるホッキョクギツネの移動において重要な役割を果たしたのが氷だ。ホッキョクギツネは、海氷のおかげで、厳しい冬に食料を求めて他の地域へ移動できる。地球温暖化に伴って北極海の海氷面積が縮小傾向にあるが、この現象は、ホッキョクギツネなどの野生動物にも深刻な影響をもたらすおそれがある。

ノルウェーのオーラ・エルヴェストゥーエン気候・環境大臣は「この研究成果は海氷が北極の野生動物にとっていかに重要かを示すものだ。北部での温暖化は恐るべき速さですすんでいる。北極で夏の海氷が消失しないよう、温室効果ガスの排出量削減に取り組まなければならない」とコメントを寄せている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ、無人機でロシア深部攻撃か 原油価格は上

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ

ワールド

バイデン氏、ブラジル次期大統領をホワイトハウスに招

ワールド

中国ハッカー集団、米コロナ救済資金数千万ドルを盗難

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月