最新記事

動物

中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

Tourists Throw Rocks at Giant Panda to 'Wake Animal Up'

2019年7月17日(水)15時15分
シェーン・クロウチャー

パンダは王様なのに(氷の上で暑さをしのぐパンダ、湖北省武漢の動物園) REUTERS/China Daily

<監視社会の中国で、「国宝」パンダに石を投げつけて目を覚まさせようとした中国人の動画が拡散。ツアーを催行した旅行会社も連帯責任を取らされる>

中国の北京動物園を訪れた観光客グループが、同園で飼育されているジャイアントパンダに石を投げる様子を映した動画が先週末、中国のソーシャルメディア微博(ウェイボー)に投稿された。

動画では、少なくとも1人の人物が、7歳のオスのパンダ萌大(モンダー)に石を投げている様子が確認できる。ジャイアントパンダは、中国では国の宝として手厚く保護されている。

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、北京のタブロイド紙「新京報」の報道を引用し、オリジナルの動画は非難の声とともに1億回以上再生されたと伝えた。新京報の記事によると、石を投げたグループはその目的を「寝ているパンダを起こすためだ」と述べたという。

一方、中国政府系英字紙のチャイナ・デイリーは、北京動物園がこの一件について微博の公式ページで言及したと報じた。石を投げられた萌大の体調には問題はなく、通常通り餌を食べたり遊んだりしているという。

ツアー会社にも罰が

北京動物園はまた以下のように述べた。「当園では、監視係や飼育員が随時見回りを行い、毎日2回パンダの体調をチェックしている。今回はただちに警備員と飼育員を派遣し、萌大の状況をチェックし、すべて問題がないことを確認した」

チャイナ・デイリーによれば、北京動物園は今回の件を受けてジャイアントパンダの観覧施設を改修し、施設内のパトロールも強化するとしている。同園では来園者に対し、園内では節度を守り、動物に餌を与えたり物を投げたりしないよう呼びかけている。

また別の中国政府系英字紙グローバル・タイムズ(環球時報)によると、石を投げた観光客グループは西安市から来た団体客の一部で、今回の一件を受けて北京動物園には入場禁止になったと報じた。また、このツアーを手配した旅行会社も、一時的に同園に関連する業務の停止措置が取られている。

(翻訳:ガリレオ)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

ワールド

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転

ワールド

暴動に発展のミネソタ黒人死亡事件、殺人容疑で元警官

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月