最新記事

テロ組織

ISIS残党がイラクを襲う

How ISIS Still Threatens Iraq

2019年6月7日(金)17時15分
ペシャ・マギド(ジャーナリスト)

北部の都市シンジャールはISISが去った後も荒廃したままだ ALICE MARTINS FOR THE WASHINGTON POST/GETTY IMAGES

<一枚岩になれないイラク軍が招く軍事的リスクと「カリフ思想」の復活を招く社会的問題とは>

イラク西部の砂漠地帯アンバル州にある小さな村落、アブ・テバン。ここに住む村人は毎日、夜の訪れに怯えている。

村のリーダーを務めるダキィル・イブラヒム・ラマエドは、テロ組織ISIS(自称イスラム国)の再来を語る。「彼らは夜に襲ってくる」。ダーイシュ(アラビア語でISISを指す)はどこからともなく現れると、過去8度もISISに拘束され、その残虐性に触れたラマエドは言う。「われわれは家に監視カメラを置き、屋上には見張りを立たせ、村人は互いに警護しながら眠る。ここには治安部隊がいないから」

ISISは再びイラクで反乱を起こそうとしているらしい。少なくとも、その準備をしている。シリアにおけるISIS最後の拠点だった東部バグズが今年3月に陥落して以降、数千人以上の戦闘員がイラクに入ったとみられている。

実際、ISISの指導者アブ・バクル・アル・バグダディが4月に5年ぶりの動画を公開したとき、彼はスンニ派が多数を占めるアンバル州にいたとみられている。多くの戦闘員はISISが造った地下トンネルに潜伏して食料や衣服を調達。5~10人単位で活動している。

一方のイラク軍は、内部の派閥争いから分裂している。ISISの大部分が掃討された一方で、小規模の生き残り部隊は活発に動いており、政府の監視が手薄なイラクの僻地を脅かしている。人口の多い首都バグダッドは治安が制御されているが、地方が危険な状態にある限りISISが根を張る火種は残る。

独自の戦略で動く各軍閥

内部分裂しているとはいえ、イラク軍は14年にISISが北部の都市モスルを陥落させて以降、対ISIS作戦に磨きをかけてきた。アメリカのワシントン中近東政策研究所のイラク専門家、マイケル・ナイツ上級研究員は、ISISが再び勢力を取り戻そうとしても「米軍とイラクの特殊部隊は夜襲などの戦略を洗練させている」と語る。

「イラク特殊部隊の士気も上がっており、これは極めて効果的だった」

ただ、イラク軍内部ではそれぞれの派閥がISISに対する独自の戦法を有している。こうした統一性のなさは、長期的に見て非効率を招く。

イラク軍の派閥には、イラク対テロ部隊(CTS)や大衆動員機構(ハシェド)、イラク陸軍、それに部族単位の戦闘員などがある。ISISと戦った多くのスンニ派兵士はハシェドに参加した。もともとは14年にシーア派の臨時戦闘員を中心に組織された部隊だ。ハシェドは組織立っておらず時に内紛も起こすが、イランの支援を多分に受けて対ISIS掃討作戦で主要な役割を担った。だが、CTSとはほとんど協調していない。

ニュース速報

ワールド

聖火リレー、規模縮小も一つの考え方=武藤・五輪組織

ビジネス

旅行・レストラン・ホテルなど主要産業への資金支援強

ビジネス

トヨタ、不要不急の国内外出張中止 国内工場3月9日

ビジネス

資産10億ドル以上の富豪、中国で米の3倍ぺースで増

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 5

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 8

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    韓国で集団感染を起こした新興宗教団体は、今最も警…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月