最新記事

テロ組織

ISIS残党がイラクを襲う

How ISIS Still Threatens Iraq

2019年6月7日(金)17時15分
ペシャ・マギド(ジャーナリスト)

北部の都市シンジャールはISISが去った後も荒廃したままだ ALICE MARTINS FOR THE WASHINGTON POST/GETTY IMAGES

<一枚岩になれないイラク軍が招く軍事的リスクと「カリフ思想」の復活を招く社会的問題とは>

イラク西部の砂漠地帯アンバル州にある小さな村落、アブ・テバン。ここに住む村人は毎日、夜の訪れに怯えている。

村のリーダーを務めるダキィル・イブラヒム・ラマエドは、テロ組織ISIS(自称イスラム国)の再来を語る。「彼らは夜に襲ってくる」。ダーイシュ(アラビア語でISISを指す)はどこからともなく現れると、過去8度もISISに拘束され、その残虐性に触れたラマエドは言う。「われわれは家に監視カメラを置き、屋上には見張りを立たせ、村人は互いに警護しながら眠る。ここには治安部隊がいないから」

ISISは再びイラクで反乱を起こそうとしているらしい。少なくとも、その準備をしている。シリアにおけるISIS最後の拠点だった東部バグズが今年3月に陥落して以降、数千人以上の戦闘員がイラクに入ったとみられている。

実際、ISISの指導者アブ・バクル・アル・バグダディが4月に5年ぶりの動画を公開したとき、彼はスンニ派が多数を占めるアンバル州にいたとみられている。多くの戦闘員はISISが造った地下トンネルに潜伏して食料や衣服を調達。5~10人単位で活動している。

一方のイラク軍は、内部の派閥争いから分裂している。ISISの大部分が掃討された一方で、小規模の生き残り部隊は活発に動いており、政府の監視が手薄なイラクの僻地を脅かしている。人口の多い首都バグダッドは治安が制御されているが、地方が危険な状態にある限りISISが根を張る火種は残る。

独自の戦略で動く各軍閥

内部分裂しているとはいえ、イラク軍は14年にISISが北部の都市モスルを陥落させて以降、対ISIS作戦に磨きをかけてきた。アメリカのワシントン中近東政策研究所のイラク専門家、マイケル・ナイツ上級研究員は、ISISが再び勢力を取り戻そうとしても「米軍とイラクの特殊部隊は夜襲などの戦略を洗練させている」と語る。

「イラク特殊部隊の士気も上がっており、これは極めて効果的だった」

ただ、イラク軍内部ではそれぞれの派閥がISISに対する独自の戦法を有している。こうした統一性のなさは、長期的に見て非効率を招く。

イラク軍の派閥には、イラク対テロ部隊(CTS)や大衆動員機構(ハシェド)、イラク陸軍、それに部族単位の戦闘員などがある。ISISと戦った多くのスンニ派兵士はハシェドに参加した。もともとは14年にシーア派の臨時戦闘員を中心に組織された部隊だ。ハシェドは組織立っておらず時に内紛も起こすが、イランの支援を多分に受けて対ISIS掃討作戦で主要な役割を担った。だが、CTSとはほとんど協調していない。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を小幅引き下げ 景気支援

ビジネス

中国、2018年のGDP改定値を発表へ=国家統計局

ワールド

原油価格は横ばい、世界景気鈍化懸念が重し

ビジネス

輸出・生産減少するとサービス・投資に影響、注視必要

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 3

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月