最新記事

自動車

仏ルノー、FCAと経営統合に意欲 日産はグループ内で蚊帳の外?

2019年5月29日(水)13時00分

5月29日、仏ルノーはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)との経営統合案を優先し、日産自動車との経営統合を見送る可能性がある。写真はルノーと日産のロゴ。フランスのサン=タヴォルで1月撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

仏ルノーはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)との経営統合案を優先し、日産自動車との経営統合を見送る可能性がある。ルノーとの統合案に反対している日産の西川広人社長は、ルノー・FCA統合案には今のところ前向きのようだ。ただ、FCAが参画すれば、世界販売首位に躍り出るグループ内での日産の影響力は、さらに低下する恐れがある。日産は難しい判断を迫られそうだ。

FCAは将来も日産との統合求めず

FCAが求めているルノーとの経営統合の大きな狙いの1つが、ルノーだけでなく、ルノーと企業連合を組む日産と三菱自動車との協業だ。FCAは電気自動車(EV)や自動運転など、次世代技術で先行する日産や三菱自も含めた4社による相乗効果を見込んでいる。

ただ、統合案に詳しい関係筋によると、今回の提案でFCA側はあくまでもルノーとの経営統合を目指しており、将来の日産との統合まで求めていない。その関係筋は、ここ数カ月間のルノーと日産、三菱自との関係は「おそらく誰もが望むほど建設的ではない」と指摘。FCAはルノーに対し、日産との経営統合は追求しないほうがいいとアドバイスするだろうとも話している。

ルノーはFCAとの経営統合案の検討を優先し、これまで強く求めてきた日産との統合案を後回しに、あるいは撤回する可能性がある。もしそうなれば、ルノーとの統合に強く反対してきた西川社長にとっては、想定外の「追い風」にもなる。

FCAとルノーが経営統合案を検討すると発表した27日夜。西川社長は都内で記者団に対し、この統合案について「アライアンス(企業連合)の幅は、広がる方がいい。全体としては将来に向けてポジティブな話だ」と笑顔を見せた。

蚊帳の外だった西川社長

だが、統合案発表までの舞台裏をみると、親子関係でアライアンスも組むパートナー同士であるにもかかわらず、ルノーと日産の間には他人のような距離感があることもあらためて浮き彫りになった。

ルノーとFCAは、今春ごろから今回の協議を水面下で進めていた。だが、関係者4人によれば、西川社長がこの計画を把握したのは両社による発表のほんの数日前。


関係者1人によると、西川社長はルノーの取締役も務める山内康裕・最高執行責任者(COO)を通じて初めて計画のうわさを耳にした。ルノー側から計画に関する正式な通知を受け取ったのは、交渉が報じられるわずか1日前だったという。

統合案では、FCAは当然ながら日産との協業も想定している。もっと事前に相談があってもいいところだが、先の4人とは別の日産関係者は「西川社長を含め、日産は蚊帳の外だった」と話している。

ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEOは、28日に来日。FCAとの経営統合案の説明や日産とルノーとの経営統合を巡る交渉のほか、日産・ルノー両社の関係改善も図るべく、29日に日産、三菱自との3社トップ会談に臨む。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏が11人恩赦、元イリノイ州知事やジャンク

ビジネス

米ウーバー、ロサンゼルス事務所を閉鎖

ビジネス

テスラと中国CATL、コバルトを含まないEV用電池

ワールド

トランプ米大統領、東京五輪出席を検討

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 5

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月