最新記事

ウクライナ

ウクライナのコメディアン大統領と議会に「ハネムーン期間」はなし

2019年5月29日(水)11時45分
クリスティナ・マザ

ZOYA SHUーPOOLーREUTERS

<大統領選で国民の圧倒的支持を得て勝利したコメディアン出身のゼレンスキーだが、自らが率いる政党「国民の公僕」の議会での議席は現状ゼロ>

ドラマで演じた役柄そのままに、4月のウクライナ大統領選決選投票で国民の圧倒的な支持を得て勝利したコメディアン出身のゼレンスキー(文頭写真)。政治経験ゼロで難題山積のウクライナ政治を仕切れるか。内外の懸念をよそに就任早々、前任者の息のかかった人物の一掃と議会での足場づくりに乗り出した。

20日に行われた就任式で、ゼレンスキーは議会の解散と議会選挙の早期実施を宣言。国防相や検事総長らポロシェンコ前大統領が指名した閣僚や高官を罷免するよう議会に求めた。

アメリカでは通常、大統領の就任後100日間は「ハネムーン期間」と呼ばれ、議会やメディアも大統領に協力的だが、今回のウクライナの政権交代では「ハネムーン期間はないだろう」と、米シンクタンク、アトランティック・カウンシルのメリンダ・ヘアリングは言う。

ゼレンスキー率いる「国民の公僕」党は大統領選のために結成された新党で、現状では議席ゼロ。決選投票でのゼレンスキーの得票率は70%超だったから、この追い風がやまないうちに「できるだけ早く議会選を実施して、協力的な」議会にすることが、新大統領の「最優先課題だろう」と、ヘアリングはみる。

もちろん既成政党はこれに抵抗。大統領就任式を控えた17日にはポロシェンコ政権で連立政権の主軸を担った国民戦線が連立を離脱した。突然の離脱劇は議会選の前倒しを狙うゼレンスキーへの圧力とみられている。

だがゼレンスキーの就任直後には、フロイスマン首相が辞任を表明。選挙前倒しに抵抗するより、腹をくくって選挙戦に向けた工作を始めたほうが得策だと判断したようだ。

ゼレンスキーは21日、議会解散の大統領令に署名。議会選は7月21日に実施される見込みだが、解散の法的根拠をめぐってさらに攻防が続く可能性もある。

<本誌2019年6月4日号掲載>

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。


ニュース速報

ビジネス

4月ユーロ圏企業向け融資は11年ぶり大幅増、新型コ

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

骨太方針でデフレリスク払拭へ財政・金融連携を=諮問

ビジネス

ルノー、仏生産拠点整理で労組と協議 全世界で1.5

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月