最新記事

エンターテインメント

「凋落」カンヌが目指すハリウッド頼みの復活劇

CANNES FILM FESTIVAL

2019年5月24日(金)19時00分
ニューズウィーク日本版編集部

タランティーノ最新作に主演するレオナルド・ディカプリオ(写真右)とブラッド・ピット COURTESY FESTIVAL DE CANNES

<ネットフリックスとの軋轢で最近、影が薄いカンヌ映画祭だが、今年はハリウッド作品の誘致に成功して久しぶりに大物スターも大勢登場>

今年もカンヌ国際映画祭の季節がやって来た。5月14~25日まで、初夏のフランス南部にあるこの街は世界中の映画ファンでにぎわう。

今年の見どころの1つは、映画界以外のスターたちだ。世界的ミュージシャンのエルトン・ジョンや、アルゼンチンサッカーの英雄ディエゴ・マラドーナといった、誰もが知るレジェンドの半生を描いた作品が上映される。また、世界的ロックバンド「U2」のボーカル、ボノも会場に現れる予定だ。ボノは、エイズ治療を目的にアメリカで最初に設立されたサンフランシスコ総合病院をテーマにしたドキュメンタリー映画『5B』の上演に立ち合い宣伝に一役買う。

ただ、カンヌにとって最大のニュースはハリウッド映画の「復活」かもしれない。

実はここ数年、カンヌ映画祭においてハリウッド映画の影は薄かった。世界の映画市場におけるカンヌの重要性と存在感が低下していることに加え、ハリウッドとカンヌに大きな軋轢をもたらしたのがストリーミング大手ネットフリックスとカンヌの対立だ。カンヌは18年、劇場公開しない映画をコンペティション部門に参加させないルールを導入。そのためネットフリックスはオリジナルのハリウッド作品をカンヌに出品しなかった(フランスでは劇場公開から3年間はネット配信できない法律があるためネットフリックスはオリジナル作品のフランスでの劇場公開も躊躇している)。

ネットフリックスとの軋轢は解消されておらず、今年も出品されていない。それでもカンヌはその他のハリウッド作品の誘致に成功し、久しぶりに大物スターが大勢登場する。

タランティーノ最新作は米映画界へのオマージュ

特筆すべきは、御年72歳のシルベスター・スタローンだ。代表作品『ランボー』の最新作『ランボーV ラスト・ブラッド』の一部が特別上映されるとみられている。往年のファンでなくとも高齢のスタローンがスクリーンでどれほど躍動するのか気になるところ。

加えて注目を集めているのが、名監督クエンティン・タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。4年ぶりとなる新作は、60年代のロサンゼルスを舞台にハリウッド黄金期の最後を描く、アメリカ映画界へのオマージュとされる。

主演はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット(冒頭写真)。既に落ち目の2人という批判もあるが、カンヌにとってはうれしいビッグネームに違いない。脇を固める円熟のアル・パチーノが登場すればイベントはさらに盛り上がるだろう。

昨年は米芸能専門誌ハリウッド・リポーターから「パパラッチには気の毒だがスターが全くいない」と酷評されたカンヌ。名誉挽回のために頼れるのは、やっぱりハリウッドらしい。

<本誌2019年5月28日号掲載>

20190528cover-200.jpg
※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月