最新記事

エンターテインメント

「凋落」カンヌが目指すハリウッド頼みの復活劇

CANNES FILM FESTIVAL

2019年5月24日(金)19時00分
ニューズウィーク日本版編集部

タランティーノ最新作に主演するレオナルド・ディカプリオ(写真右)とブラッド・ピット COURTESY FESTIVAL DE CANNES

<ネットフリックスとの軋轢で最近、影が薄いカンヌ映画祭だが、今年はハリウッド作品の誘致に成功して久しぶりに大物スターも大勢登場>

今年もカンヌ国際映画祭の季節がやって来た。5月14~25日まで、初夏のフランス南部にあるこの街は世界中の映画ファンでにぎわう。

今年の見どころの1つは、映画界以外のスターたちだ。世界的ミュージシャンのエルトン・ジョンや、アルゼンチンサッカーの英雄ディエゴ・マラドーナといった、誰もが知るレジェンドの半生を描いた作品が上映される。また、世界的ロックバンド「U2」のボーカル、ボノも会場に現れる予定だ。ボノは、エイズ治療を目的にアメリカで最初に設立されたサンフランシスコ総合病院をテーマにしたドキュメンタリー映画『5B』の上演に立ち合い宣伝に一役買う。

ただ、カンヌにとって最大のニュースはハリウッド映画の「復活」かもしれない。

実はここ数年、カンヌ映画祭においてハリウッド映画の影は薄かった。世界の映画市場におけるカンヌの重要性と存在感が低下していることに加え、ハリウッドとカンヌに大きな軋轢をもたらしたのがストリーミング大手ネットフリックスとカンヌの対立だ。カンヌは18年、劇場公開しない映画をコンペティション部門に参加させないルールを導入。そのためネットフリックスはオリジナルのハリウッド作品をカンヌに出品しなかった(フランスでは劇場公開から3年間はネット配信できない法律があるためネットフリックスはオリジナル作品のフランスでの劇場公開も躊躇している)。

ネットフリックスとの軋轢は解消されておらず、今年も出品されていない。それでもカンヌはその他のハリウッド作品の誘致に成功し、久しぶりに大物スターが大勢登場する。

タランティーノ最新作は米映画界へのオマージュ

特筆すべきは、御年72歳のシルベスター・スタローンだ。代表作品『ランボー』の最新作『ランボーV ラスト・ブラッド』の一部が特別上映されるとみられている。往年のファンでなくとも高齢のスタローンがスクリーンでどれほど躍動するのか気になるところ。

加えて注目を集めているのが、名監督クエンティン・タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。4年ぶりとなる新作は、60年代のロサンゼルスを舞台にハリウッド黄金期の最後を描く、アメリカ映画界へのオマージュとされる。

主演はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット(冒頭写真)。既に落ち目の2人という批判もあるが、カンヌにとってはうれしいビッグネームに違いない。脇を固める円熟のアル・パチーノが登場すればイベントはさらに盛り上がるだろう。

昨年は米芸能専門誌ハリウッド・リポーターから「パパラッチには気の毒だがスターが全くいない」と酷評されたカンヌ。名誉挽回のために頼れるのは、やっぱりハリウッドらしい。

<本誌2019年5月28日号掲載>

20190528cover-200.jpg
※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月