最新記事

宇宙

世界初、ネコの宇宙葬が行われることに...名前はピカチュウ

2019年5月13日(月)15時40分
松岡由希子

飼い主さん、さようなら...... Sonsedska-iStock

<ペット向け宇宙葬サービス「セレスティス・ペッツ」で、いよいよ飼い猫の宇宙葬が行われる見通しとなった>

2018年12月3日、約100人の遺灰を乗せた追悼用人工衛星「エリジウム・スター2」が、米カリフォルニア州ヴァンテンバーグ空軍基地から打ち上げられたスペースXのロケット「ファルコン9」によって低軌道に送り込まれた。故人の遺骨などを納めたカプセルをロケットに乗せて宇宙空間におくる「宇宙葬」が新たな散骨のひとつとして本格的に実用化されつつある。

猫の宇宙葬約54万円、クラウドファンディングを実施

そして宇宙葬はペットにも活用されはじめている。宇宙葬サービス専門企業セレスティス傘下のペット向け宇宙葬サービス「セレスティス・ペッツ」では、飼い犬の宇宙葬に続き、いよいよ飼い猫の宇宙葬が行われる見通しとなった。

ペットの遺灰を詰めた容器を地球周回軌道に送り込み、大気圏に突入して燃え尽きるまで地球からその現在地を追跡できる仕組みだ。このペット向け宇宙葬サービス「アース・オービット」の費用は4995ドル(約54万8260円)から設定されている。

米オレゴン州に在住するスティーブ・ムント氏は、クラウドファンディングサービス「ゴー・ファンド・ミー」を通じて、2019年1月に死亡した愛猫ピカチュウの宇宙葬のための資金を募り、5月13日までに2220ドル(約24万3670円)の寄付が寄せられた。"冒険者"のような性格だったピカチュウを偲び、「これまでネコがたどり着いたことのない場所におくりたい」との思いから、ムント氏は、すでに「セレスティス・ペッツ」に申し込み、費用を全額支払っている。

ムント氏は、宇宙ニュース専門メディア「スペース・ドットコム」の取材に対し、「ピカチュウの宇宙葬のための寄付は引き続き受けていくが、資金集めが本来の目的ではない。今後の寄付の多寡によらず、私の夢は叶いつつあり、近い将来、実施される打ち上げを楽しみにしている」とコメントした。

遺灰を月におくるサービスも

「セレスティス・ペッツ」では、このほか、ペット向け宇宙葬として、ペットの遺灰を詰めた容器を宇宙空間におくって無重力状態を体験させたのち、地上で回収して家族のもとにかえすサービス「アース・ライズ」や、遺灰を月におくる「ルナ」、地球の大気圏外の宇宙空間におくる「ボイジャー」といったサービスも展開している。

2018年度の全米ペットオーナー調査によると、米国では8500万世帯がペットを飼っており、その割合は1988年時点の56%から30年で68%に上昇している。宇宙技術の進歩によって可能となったペット向け宇宙葬は、ペットの旅立ちを偲ぶ新たなサービスとして、今後、一定の需要が見込まれそうだ。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 4

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 5

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 8

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月