最新記事

宗教

イスラム教の聖なる断食月ラマダンとは? 世界一信者の多い国の現実

2019年5月9日(木)21時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

日の出前に起きるので午後は夕方のイフタールまでモスクで休憩をとる人も多い Beawiharta Beawiharta - REUTERS

<世界最多のイスラム信者がいるインドネシアはラマダンの時期、朝から夜までイスラム教中心の生活となるが、それは非イスラム教徒にも求められるようだ>

人口約2億5000万人の約88%を占める世界最大のイスラム教徒人口を擁する東南アジアの大国インドネシア。この国では5月6日から約1カ月間、イスラム教の重要な宗教行事である「ラマダン(断食月)」を迎えている。
首都ジャカルタでは多数を占めるイスラム教徒が教義に従って進める断食に、少数派であるキリスト教徒、仏教徒、外国人も心配りや配慮をしながら日々を送っている。 その様子はまさに「イスラム教徒は敬虔に過ごしている」のと対照的に「異教徒は息を潜めながら時を過ごしている」という感じである。

断食月、食事以外にも制約が

ラマダンはイスラム暦の9月を意味する言葉で、この月に予言者ムハンマドにコーランが啓示されたことから聖なる月となっており、イスラム教徒はこの期間日の出前から日没にかけて「断食(=サウム、インドネシア語ではプアサ)」をして一切の飲食、喫煙を断つことになっている。禁じられているのは飲食だけではなく、人を怒ったり、怒鳴ったりすることや猥せつな妄想を抱くこともタブーとなっている。

断食を行う理由は、食欲という人間の欲望に打ち勝つことでイスラム教徒を自覚し、貧しい人びとや飢えた人びとを思いやり、世界中のイスラム教徒との連帯感を共有するためとされている。

このためイスラム教徒は未明に起床してサフルという食事を家族と食べて、2度寝して普段通りに通勤、通学となる。午後5時半前後の毎日決められた時間にイフタールという食事を取り、飲食が解禁となる。

イフタールは家族、職場の仲間らと一緒にまずは水と「コラック(バナナなどが入ったココナツミルクのぜんざいのようなもの)」などの甘い飲み物で喉を潤してから食事するなど、空腹状態にある胃への負担を軽減することも忘れない。

未明の朝食があるため夜は早めに就寝する。日中の性交渉は夫婦間といえども一応禁忌であり、夜でも夫婦間によらない性交渉はご法度になっている。

レストランの垂れ幕の理由

ジャカルタ中心部にあるサリナ百貨店の1階には「マクドナルド」や「ケンタッキーフライドチキン」などのファストフード店が並んでいる。そうした店ではラマダン期間中、外部に面したガラス窓は全て白い布で覆われて内部が見えないように工夫されている。

このほか街角などにある小規模レストランや食堂もほぼ例外なく夕方からの営業で日中は閉店しているか、色とりどりのカーテンや垂れ幕、ビニールなどで内部を覆い隠している。

これは店内で日中に飲食する非イスラム教徒などの姿を断食中のイスラム教徒の目に敢えて触れさせないための配慮といわれている。

もっとも口さがないインドネシア人は「実はあの覆いは中でこっそり飲食しているイスラム教徒を隠すためともいわれている」と軽口をたたく。

断食の約1カ月の期間中、初めの数日間と最後の数日間だけ断食を実行する「断食のキセル」といわれる方法も存在する。何らかの事情で継続して断食できないイスラム教徒──例えば入院、海外旅行、生理などの場合──これを行っているが、そうした場合でも実行できなかった日数分を翌年の断食までに自分で日を決めて「自主的な断食」で日数不足を補うことが求められる。

newsweek_20190509_200729.JPG

白いカーテンでまるで営業しているとは思えないケンタッキーフライドチキン(撮影=筆者)

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月